undefined 三毛猫のUltra Soul! 2006年11月
マスターズスイマーとして練習したり試合に出たり。そんな日々の水泳日記
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月28日 (火) | 編集 |
月末が一斉休館になってしまうので、今日が11月最後の練習。苦手なBaをみっちりと泳いできて『苦手じゃないぞ!』と自分に言い聞かせてみたりして(人はそれを悪あがき、とも言いますが…やらないよりはマシかな?というかんじですね)
練習はいつも通りやってきまして、ぼちぼちと来年の話にもその後はなったりするわけです。
今年はクラブの移転、移転後にケガ人続出、私自身も体調を長いこと崩していたりして、あまりそれぞれにいい1年の終わり方でもなかった。でも昨年からメンツもそろいはじめて、来年は期待が持てそうな予感。特にFrは年代的にもタイム的にもいいメンバーが揃ってきたので、来年は1年かけてある固定メンバーで順番を入れ替えたりしながら、記録を狙っていきたいね、という話をしていました(話すだけならタダですからね・笑)
目指すはやはり100mFrリレーの1分切り。これが最初で、かつ一番近い目標かな、ということで。また100mのメドレーリレーならFlyを泳げるメンバーがいるので、これも頑張って記録を狙っていきたいよね、という話になりました。
200mのリレーとなると、とくにメドレーリレーはなかなかメンバーが揃わないけど、私がFlyに回ればそこは回避できるし、特に私は来年は個人メドレーを中心にやっていくつもりなので(今年は途中で挫折した)必然的にFlyは泳ぐわけだから、まあ頑張ろうかな、と。
まあメドレーリレーはおいといて、Frリレーならそれなりにメンバーも揃ってるから、私が抜けても大丈夫だよねーという話をしていたら、ぎっくり腰から復帰したUちゃんに。
「それはダメだよーいてもらわなくちゃー」
といわれてしまった。
でもタイムなら今はYちゃんがノリノリで一番時計(笑)を毎度たたき出してるわけだから、私が抜けても問題ないはず。しかもそれ狙ってるわけだし、私は。
「なんで?」
と聞いたら
「うちのメンバーってさ、試合に行くと雰囲気に呑まれるわけよ。召集とかでどきどきしちゃって結局タイムがでないわけじゃない?(まあねえ…否定はしないけど)だからあなたにいてもらって後ろからハッパかけてもらわないとダメなのよ。試合でベストタイムをたたきだす人がいないとダメなのよ」
要するに
『いると安心する』
らしい。
私だってねーこれでも緊張するんすよ?結構心臓ばくばくだし、逃げたい!とか結構かなり本気で思いつつスタート台にあがるわけですわ。
でもあがると腹が据わる。
ここまできて慌てても仕方がない、と一応は思うらしい。
まあその辺はね、何年も試合に出ているからその『経験値』というものは多少なりともありますが。
でも、そういうふうに見てたんだな、と今日始めて思った。
なんかそういう雰囲気なんですかね?(こういうことは自分はわからない)人より多少体格は確かにがっちりしてるから、そういうところもあるんだと思う。
ただ思うに、こういう嘘のつけない記録の世界、感性や人の感覚で競わない、時計という絶対の記録がすべてな世界では、やはりその記録に挑み、挑戦し続けていくことが、たくさんの言葉よりも雄弁にすべてを物語っていることは事実。それが現実として残っている限りは、やはりそういうところで人は判断するんだろうね。
それと同時に、これはやっぱり昔からの感覚というか、それが当たり前でやってることなんだけど、たとえば練習中に声を出すとか、応援のときに率先して声を出すとか、そういう何気ないことで、人と人の間に『熱』が生まれて人はその熱に何かを感じるのかな?という風にも思えるわけです。
練習はね、まあ、私は天才じゃないから、人より確かにたくさん泳いでいるけど、それがどうの…というのはあまりないんだけど。でもやっぱり練習にこないで、たまに出てくると間引き練習して、でも一番大きなことだけ言って帰っていく(そしてそんなもんだから、記録もあまりおよろしくない。本人はいいつもりのようですが…)という人よりはまあましなのかな?という気はしていますが。
まあね。
記録どうこうは別として、とりあえずメンバーにいるだけで、みんなが頑張ろう!記録を狙ってみよう!という気持ちになってくれるのなら、それはいいことだと思います。
それもメンバーとしてのひとつの役割。
自分の努力が、自分だけじゃなく、周りにもある程度のいい環境をもたらしているのなら、それもまた、やりがいになる、というものです。
これからも、頑張らないとね☆

スポンサーサイト
2006年11月26日 (日) | 編集 |
今日は泳ぐつもりが最初からなかったため(笑)午前中に15kmのウォーキングとストレッチ、筋トレをやってきました。
で、その筋トレの際に、ジムで知り合いになった方が声をかけてくださって、初体験してきました。

少林寺拳法!

実は前から興味があって、少林寺拳法か太極拳をやってみたかったのです。特に少林寺拳法は小さいときにみた映画『少林寺36房』(というタイトルだったと思う…)の影響もあっていつかは、と思っていたのですが、今回機会があったので挑戦してきました。
が。
想像していたより全然ハードだった(泣)
空手とかもそうだけど、少林寺拳法も型みたいのがあって、今日はそれだけをやってきたのですが、まあ日々の不摂生がたったってるんでしょうかね(笑)片足立ちとかが実はとんでもなく大変でした。あと、腰を落とす、とか、そういうのがやはり下手ですね…鍛えないといけないな、と思いました。
体のバランスがうまくとれないんですよ。
いかに普段水泳やってて水の浮力に支えられてたか、というのがよく分かりました。
っとにね、たまには陸上運動もやらないとだめなのね…と実感。
それでも、精神統一とか、水泳とはまた違う筋肉を使う、という意味ではすごくよかったです。
あとね、腹の底から声を出すのがいいみたいです。
いい経験になりました。
ちょっとねーハマりそうです。


2006年11月25日 (土) | 編集 |
最近ストレッチの中でも特に股関節周りの柔軟性を取り戻すことに重点を置いています。
もともとジュニアの頃から体が柔らかいほうではないのにもかかわらず、ここのところ柔軟体操をちょっとサボっていたために、柔軟性がかなり落ちていました。
股関節周りの柔軟性は特に大事だから、と言われていたことに今更ながら実感として気がついたので、特にここのところ頑張ってストレッチをしていたら、少しはほぐれてきた感じになってきました。
そうしたら(無論それだけが原因じゃないんだろうけど)今日気がついたのですが、Kickの練習をしたときに、足がスムーズに動くようになってきた感じなのです。特にBrのKick練習よりもFrのKick練習のときのほうがそれが顕著で、今まで切れなかったサイクルで最近は回れるようになってきたのです。それにSwimやDashの時もKickが打てるようになったし。
おそらくこれは、ここのところBaのKickをコンスタントに取り入れるようになったから、というのもあるとは思いますが、それに伴って柔軟性が生まれてきたのかな、という感じもします。
練習の合間にも壁などを使って、積極的に股関節周りのストレッチをするようにしています。バレエで習った基本の動きも陸上じゃしんどいけど、水中ならほかのところに余計な負担をかけないでやることができますしね。
kickが有効に使えるようになってきたら、泳ぐこと全体が少し楽になってきた感じがします。
ここにきて好材料が自分でもでてきたので、試合に向けて少し気分が楽になってきています。(2週間前くらいまでは結構不安ばっかりだったんだけど)
やはり下半身は筋肉をつけること以前に、柔軟性が大事ですね。
特にこれからは寒くなりますから、練習のない日でもじっくりとストレッチをして筋肉と関節を柔らかく、しかもしなやかに保てるように努力したいと思います。

さて、続きは練習のことじゃなくてあくまで備忘録なので、あまりみなきてよろしいかと思われます(笑)
[READ MORE...]
2006年11月23日 (木) | 編集 |
気がつけばもうすぐ11月も終わり。
ということは、12月の関東マスターズが迫っているということなのですが、とりあえず今回はなんとかかんとか、試合に体調をあわせられそうで、自分なりにほっとしています。
メインで50m10本(1'10"サイクル)でやったんだけど、なんとか10本とも40秒切って回ることができたのが、気持ち的に大きかったですね。調子悪いときは、2本目くらいでもう42秒くらいかかってたんだけど、今日は久しぶりに自分でタイムコントロールもできたし、なによりEasy気味に泳いでも40秒切れてたのがよかった。平均37秒くらいで泳いでいたようなので(今日はコーチが全部計ってくれていたので結果が残ってたので計算した)まあなんとかなりそうなのかな?という感じです。
ちゃんとその他の種目もバランスよく泳いでますよ。
久しぶりにBrのKickとかやったら結構しんどくてBrに『なめんなよ?』と軽くどつかれてる気分でした(笑)
すいません。これ以上どつかれないように、しっかり練習します(爆)なんとなく全体のバランスも元に戻りつつあるような感じですので、しこのまま試合当日までいけたらいいな、と思っています。
2006年11月21日 (火) | 編集 |
シート張りっ!

スイミングクラブで選手を経験したりとか、部活で水泳を経験したことのある人なら、必ず1度は経験しているであろう、この作業。
練習終了後に、プールの水の水温を下げないようにするため、そして空気中の埃から守るために、プールの水面にシートを張る作業。
冬になって気温が下がってきたために、今年もこれが登場しました。
朝練の前にシート上げ、夜練終了後にシート張り。これはもう水泳部およびスイミングで選手をやったことのある人間の必須アイテムなわけで、今日の練習終了後にダウンをやっていたらコーチが準備していたので、残ったメンバーで『やりまーすっ!』と率先してお手伝い。
しかもコーチいわく
『うちの選手コースにやらせるよりよっぽど早いよね』
そりゃそうです。
いったいみんな何年これをやってると思ってるんでしょうか、コーチは(笑)
覚えている年数でいけば、最低私は10年以上やってたわけですから、手際もいいですよ、はい。
しかもマスターズで泳いでて最後までいつもやいのやいのとやってる連中は、そんなのばっかりですからね(中には現役の大学水泳部もいるわけですし)手際がよくて当たり前です。
しかも、マスターズはジュニアの選手と違って、やらされてる感みたいのがあまりなくて、こういうのも楽しんじゃってるから余計に早いのかもしれませんね。
でもね、たとえばこういう練習後のシート張りとか、用具を片付けるとか、そういうなんてことないちょっとしたことが、実は結構楽しかったりするわけです。なんか自分たちが現役の時に戻ったみたいで、その回帰性みたいな感覚がいい。おそらく水泳(というかスポーツをやっている人)がいつまでも若い、というのは体を動かして体力的に若い、というだけでなく、こういうふうに精神的にも若いときの感覚をどこかに残しているからなんでしょうね。
しかも今日みたいに100個メ10本とかこなしたあとだと、余計に目先が変わっていいのかもしれません。
へろへろになりながらもやるシート張り。
なんかそれが楽しい。
多分分かる人にしかわからない感覚なんだろうなあ…とは思いますけどね。
これで週3回は練習後のシート張りがお仕事になりました☆
2006年11月19日 (日) | 編集 |
誰が持ってきたんだかは知りませんが、土曜日の夜練で絢香さんのアルバムがかかっていました。
私も意外と(笑)小心者というか気にするほうというか…なほうで、木曜日にコーチにいわれたことがどうしても気になって、昼間長水路のプールに行って泳いできました。
違うプールで泳いだら、少しは気分が変わるかな、と思っていったら、いつも大会なんかで一緒になる某チームの方にお会いしました。それでもって人数少ないから一緒にどうですか?とお声をかけていただいて、急遽一緒に練習させていただいてきました。
いやあ、さすがにマスターズでトップランクの選手の方がずらりと顔をそろえているチームのことだけはありますね。練習も結構しんどくて、ついていくのがやっと、という感じでした。
自分の甘さをまざまざと実感させられました。だけどね、いい練習にはなったとおもいます。距離だけじゃなくて、スカーリングとドリルにかなりの時間を割いていて、やはりこういうことの積み重ねがいい結果につながっていくのだな、ということを感じてきました。
その後、そこで指導されている方にいろいろお話を聞いたり泳ぎを見てもらったりしたのですが、やはり『なんとなくリズムがおかしいですよね?』といわれ、泳ぐ際に気をつけたほうがいいことや、トレーニングの仕方をアドバイスしていただいてきました。
どうやらダメなのは上半身よりもむしろ下半身らしい。積極的にKickの練習を取り入れていくのと、ストレッチや筋トレで体幹を意識して鍛えるのがいいといわれてきました。
あとは無理してリズムに乗ろうとしないこと。
体が戻ってくればリズムが自然に戻ってくるから逆にそこばかりを気にしないほうがいいといわれてきました。
なるほどね。
やっぱりいろんな人にあうと、いろんなことが分かるものですね。
勉強になりました。
んでもって夜練もちゃんと行ってきましたよ。
50m×4 2setでサイクルを短くしていくのと長くしていくのをやったんだけど、後半のセットのサイクルが長くなっていくほうが正直大変だった。サイクルの関係で休みがたくさんとれるのに、あっちのほうがしんどいんですね。前半のあげていくほうがずっと楽でした。
そういえば木曜日の個メもやたらとサイクルがながくて帰って大変だったんだよなあ。
でも、ちょっとしんどいくらいの練習のほうがちょうどいいのかもしれません。
今日は日曜日。
午後から泳いできます☆
2006年11月16日 (木) | 編集 |
Brを泳いだときにKコーチに『上半身が左に傾いてるよ?』と言われ、練習後に同じくBrを得意とするTさんに『リズム崩れちゃってるね?どうしたの?』と言われました。
多分昨日しこたま飲んで、今日は飲んだ分ぐらいのアルコールは消費しよう!と思っていた…というのが理由ではないのですが、やっぱりどっかで調子を落としているんでしょうね。
最後に50mを計ったときは、そうでなかったようなんだけど、やはりなんとなくリズムに乗り切れてないような気がするわけで。特にPullのほうがどうも以前のように、俗にいう『上半身でボールに乗る感じ』というのが出来なくなっているような気がするのです(って実際出来てないからバランスがおかしいんだろうけど)ここのところ、平泳ぎの練習さぼってるからなあ…と思いつつ、それでもやっぱり持久力だけはあるんだよな、と100m個メを泳ぎ終わってから思いました。
ちょっとここのところ食べる量が増えちゃってるからきっと体重もプラス2kgぐらいは確実に増えてるんだろうな、そのちょっとの重さのせいでバランスがとれなくなっている、というのも確かなんだと思う。
試合に向けてまたちゃんと節制して体重ももとに戻さないとな、と思っています。
しかし、平泳ぎが泳げないって結構言う人が多いけど、最近その上手に泳げない、ということが分かってきた気がします。
やっぱりちょっと泳いでないとリズムとかバランスがちょっとずつずれてくるんですよね。それを調整するのはなかなか難しい。
試合まであと半月だから、その間にちゃんとリズムに乗って泳げるようにしっかりと練習したいと思います。
来週から徐々にFlyとBrの量を増やしていって、タイミングとバランスの調整をしていこうと思います。
それと無論それによってウエイト管理もしっかりしないとね。
久しぶりに平泳ぎを泳ぐのがしんどいと思いました。反面でBaの苦手意識が少し克服されてきたのかな?とも思っています。
なかなかね、そのあたりのバランスが難しいな、と思う今日このごろです。

2006年11月14日 (火) | 編集 |
例えて言うならば、入院して点滴を打っていたのが病人食になり、そこからやっと普通食に切り替わってきた…そんなところでしょうか。
そろそろ泳がないと間に合わないな、と思い本日より火曜日のTコーチのBaの隙間にBrを入れて見たりしたら…

え?体がBrを拒否してる?

なんとなく膝の感じがおかしいし、股関節は開かないし、それよりなにより、KickとPullのタイミングがおかしい。
いやね、膝がおかしいとか股関節が開かないとかは、ここのところストレッチ(というか柔軟体操)をサボっていたからだ、というのがよく自分でも承知しているわけですが。
ますいですねえ…リズムの山にのれてない(笑)
だけど今の時期にそれに気がついてよかった。あと1週間遅かったら明らかに12月の試合は100mのBrを棄権していたかもしれない。
今日はKickはバタ足とBaのKickを交互にやって10本。
その後はいつものDrillをやってswimでは試合に向けてBa→Brの流れで泳いでみました。
で、そのときにこの平泳ぎのおかしな状態に気がついたわけで。
これは早急なリハビリが必要でしょう、本当に。
私の場合、1つダメなところに気がついてしまうと、あとの全部が同時にダメになってしまって修正不能になってしまうので、そこに至らないように今からしっかり建て直しを計りたいと思います。
とりあえずまだKickは生き残ってるみたいだから(笑)そこを中心にして試合までに建て直しをしていこうと思っています。
今年最後の試合くらい、悔いのないように泳ぎたいですからね。
2006年11月09日 (木) | 編集 |
1週間の岡山出張からMさんが復帰。
その他にも男性メンバーが増えて、久しぶりに大所帯での練習となりました。
前半はKickがメイン、Drillを挟んで後半はIMEをみっちりと。
Kickが苦手な私は(特にバタ足がえらい苦手…)前半でかなりのバテ気味でしたが、わかっててバタ足やってきました。
やっぱりね、いつまでも苦手だって言って逃げてたらよくないですからね。来週まで平泳ぎは封印して、その次の週から一気に平泳ぎを泳ごうかと思っています。
本当は来週から平泳ぎのほうに戻そうかと思ったんだけど、なんとなくやっぱり先月のことがあって、あまり早い調整をして、試合前に落ち込みたくないので、今回はラストスパートにかけることにしました。
それまでは個メでまんべんなく筋肉を使っておいて、もうちょっと体力を戻してからじゃないと、またどどーんと精神的に落ちる可能性があるな、と思っているので。
今年の前半までは結構調子がよかったんだけど、後半になるにつれていろいろあったなあ…と実感中。特に夏過ぎてからは完全に調整に失敗したし。でも、それを踏まえて今後どういう練習とか調整をしていったらいいか、ということの参考にはなりました。
変わったのはやはりストレッチの時間のかけかたとDrillに対する意識かな。自分が今どんな筋肉を使ってて、どうやったらそれが一番スムーズに、楽に動くか、それにはどこの筋肉をほぐしておけばいいか、ただパワーで泳ぐだけだとやはりけがの元にもなりやすいので、そういう自分の体のコントロールというところに、気を使うようになれたことですね。
みんな続々と復帰してきてるし、秋からの好調を持続している人もいるし、私も頑張らないといけないですね。

それにしても、もうちょっと女性陣のメンバーが揃わないかなあ…と思案中。特にBrかFlyをスタイルにしている35歳以上の面子がいなくて、いつもリレーオーダーで四苦八苦しています。
もうひとりそういう人が増えてくれると、楽なんだけどねえ(しみじみ)
でもやっぱり泳ぐのは楽しい。
気持ちがすっきりしてきますしね。
2006年11月07日 (火) | 編集 |
先月の試合で肩を脱臼したFちゃん。
その試合の前にぎっくり腰になり、そのまま風邪ひいて寝込んでいたUちゃん。
仕事が不規則でなかなか練習に出てこられないK君。
修学旅行帰りの女子高生Hちゃん。
T大水泳部のHちゃんのお兄ちゃん。
ジュニア選手から時間の都合で特別参加のS君。
揃いも揃って、本日練習復帰!
おめでとう!よかったよかった。
お陰で久しぶりにチーム練習にも活気があふれていました。やっぱりみんなでわいわいやって泳ぐのはいいですね。それに今日はS君とか兄貴とか、現役ばりばりの選手が練習に参加してくれていたので、いい刺激になりました。
前半1時間はみっちりをドリルとスカーリングを中心に。前後にKickとPullを挟んで体にちゃんとした筋肉の使い方とバランスを覚えこませる練習。
後半は今日は火曜日ですからね、Baの日ですから、前半1時間のことを個人的に踏まえてさらにKickとドリルを1時間。
自分ではよく分からないんだけど、やはりキャッチの位置がずいぶんと内側に入っているようで、Tコーチに『もっと外側にポイントおいて!』とアドバイスされました。
でもなーなんかよくわかんないよう!と練習終了後に実際にどのあたりでキャッチしたらいいのか、レッスンしてもらいました。
思ったよりぜんぜん位置が外側でコーチングされて、思わず『え?こんな外側でいいの?』と聞いてしまったくらい。するってーと、どれほど私のキャッチの位置は内側にあったんだろう(笑)
とりあえず来週の火曜日までそれを忘れないようにしないといけないな、と思っています。
個メを泳ぐにあたって、やはり背泳ぎはひとつのカギになりますからね、今のうちにしっかりと練習しておこうと思っています。
2006年11月06日 (月) | 編集 |
先週からまた少し過食が現れ始めたので、金曜日から3日間連続で泳ぎにいきました。
今までは過食が始まると、必死になって食欲を抑えてきたんだけど、もうそれもやめました。食べたかったら食べる。そして食べる代わりに倍動く。そういう方針に変えました。
そんなわけで金曜日の夜は泳いで、土曜日は仕事だったので夜2時間練習。日曜日は午前中ジムで走ってウエイトトレーニングやって、午後から2時間泳いできました。
なんかこっちのほうが健康的かもしれないですね。

さて、来年2月の試合のエントリーをしてきたんですが、ついでにマスターズの年間登録を更新してきました。
おかげさまで…5500円ふっとびました。
嗚呼、寂しい私の懐事情(笑)
でもそれをムダにしないようにしなくちゃね。
今月は長水路の練習いけるかなあ…やっぱり久しぶりの長水路での200m個メだから不安がないわけでもないんだよね、これが。いくら調子が戻ってきたとはいえ、あのぐだぐだの1ヶ月がやっぱり結構ブランクになっちゃっているので。(そんなこと言ったら現役離れた10年を後悔しなくちゃならなくなるし)
あとは練習量で補うしかないな、と覚悟は決めています。私は才能があるわけじゃないので、出来ないことは人の倍の練習量で補うほかないからなあ、うん。
でも、ようやく体力的にも精神的にもウエイトトレーニングをやれるところまで戻ってきた自分にちょっとほっとしています。
北島康介選手もウエイトと泳ぎこみを同時に練習している、とこの前テレビでやっていたので、やっぱりそのほうがいいのかな、と思っています。
何があっても負けない自分でいたい。
見えない傷はおそらくこの先、ずっと自分の中で背負っていくことになるんだろうと自覚はしているけれど、それでも、そういう自分に負けない自分であり続けたいです。

来年はしかし完全に個メ復帰だな、こりゃ。
2月の試合も個メだし。
2007年のテーマはブレストと、バックを克服して個メ完全復帰だと、今から勝手に決めている今日このごろなのでありました。


2006年11月02日 (木) | 編集 |
先月の大会の前後から比べるとずいぶんと練習への集中力がでてきたような気がします。
どうやら月が変わったら何かが変わったらしい。多分それは心持かと思われますが、体調を崩す前の気力に戻ってきつつあるかな…という感じです。
そういえば、ちょっと前にさかのぼりますが、先週の土曜日の練習で久しぶりにプールサイドにデッキをコーチが持ち込んで音楽かけてくれていたのですが(100m×8本で私たちがあきてくると思ったらしい・笑)かけてくれたのが映画の『海猿』のテーマ曲だったんです。
みんなで『海猿になれと…』と思いつつ泳いでいたわけですが、ちなみに今日はコブクロのベストをかけてみんなからブーイングでまくってました。(そりゃあれじゃ泳げないわな)
んでもって途中でSMAPになってました(笑)
まあそっちのほうがノリがいいですからね。
たまに好きな音楽をかけて泳いでいるのですが(持ち回りで)やはり多少テンポのある曲のほうがいいようです。私はちなみに練習でかける用のゴスペラーズのMDを1枚作ってあります。あとは渡辺美里さんとドリカム、それぞれ1枚ずつ。プールサイドでみんなが聞くし、かなりの音量でかけるので、あまりマニアックなのはダメみたい。あとラップとかもマスターズではあまり喜んでもらないみたいです。
練習用のはアップテンポのほうが多いですが、試合に持っていく用のMDはゆったりめの曲とアップテンポの曲と両方入れてあります。
短距離を泳ぐ前はアップテンポ、ロングの時はゆったりめの曲をきいて、自分がどのくらいのテンポで泳ぐかそこで気持ちを整えてからレースに出ます。
今年のジャパンマスターズで、このいつも聞いている曲を聴くことで、どれだけ普段の自分を保ってベストタイムに近付けるか、という大切さを痛感してきました。
練習でも試合でも集中する方法ってそれぞれ人によってあると思うんだけど、どうやら私の場合は好きな音楽を聴く、というのが一番いいようです。
次の試合は来月ですが、それまでにもうちょっと集中できる態勢になれているといいな、と思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。