undefined 三毛猫のUltra Soul! 2008年09月
マスターズスイマーとして練習したり試合に出たり。そんな日々の水泳日記
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年09月30日 (火) | 編集 |
マスターズスイマーとしての自分に足りない物はまだまだたくさんあると思うけれど、先日の草加市民水泳大会のDVDを送ってもらい、その無様な泳ぎを見て痛感したことは
『自分の泳ぎを客観的に自分でみたり誰かにみてもらったりする機会がとても少ない』
ということ。
だから結局自分がどういう泳ぎをしてるかが解らない。
解らないから直しようがない。
タイムが伸びないのにだって筋力やなにやら以外にも原因がそういうところにあるはずだし、日常の練習での泳ぎ方にも何か問題があるんだと思うわけで。
ウーマンズまであと一週間を切り、今さらじたばたしても仕方ないけれど、何もしないよりいいと思って『swim』に載っていたスイムチーム『Liens』の水泳教室に参加するために、新木場の『BumB』に行ってきました。



本日の講師は4月までばりばり現役トップスイマーだったブレストのアテネ五輪元代表の今村元気さんと3年前の世界水泳日本代表だった奥出秦史さんのふたり。
日本代表の泳ぎを見られる機会もみてもらえる機会もそうそうあることじゃないんで、何かを変えるきっかけになればいいな…とか思ってました。



まずは陸上で20分間たっぷりとストレッチと、それを兼ねて床に仰向けに寝てストリームラインを作り、体が真っ直ぐになるように体に筋肉の動きを覚えさせる練習から。
どうしても胸を張ってストリームラインをつくると腰が反ってしまうので、今村さんがひとりひとり丁寧に筋肉の意識の仕方をレクチャー。
私の場合は意識の部分が少し上過ぎるようで、後々その欠点が水中練習でまざまざと露見する訳ですが(苦笑)



みっちり陸上で筋肉とストリームラインを体に意識させたところで、今度はプールに入ってうつ伏せで浮く練習。
うつ伏せで水中に沈んで、そして『浮く』
ひたすらにこれだけを練習するわけです。
水底にうつ伏せで寝て、綺麗に頭から浮いて背中が出て足まできちんと水面に出てくるまで、ひたすらに浮く。
これが以外と難しい。
浮くんだけど体に変な力がかかってバランスを崩すとうまく浮いてこない。
左右のバランスが崩れて体が仰向けになりそうなのを、必死になって重心をとってそうならないようにする。
でもそういうのが大事なんですよね。
私はさっきの陸上での重心高さが影響して、浮くんだけど体が曲がる。
それをひたすら直す。
だけどこれがすべての基本なんだと改めて痛感しました。


それから今度は壁を蹴って、けのび。
ここでひとつわかったことは、よくマスターズの練習でやってる『けのび大会』はとても大事だ、ということ。
ひとりでけのびで12.5mをオーバーしてたら(ちなみにうちのマスターズメンバーはもっと全然みんなうまい)今村先生に『うまいっすね~完璧ですよっ!』と誉めていただいた。

あの元五輪代表に誉めてもらえてえらい感激でした。
頑張って日々けのび大会に参加してるだけの成果はありましたな。
最近は練習後の500mバタ足でしっかり下半身鍛えてるし。
しかもそれが間違いじゃなかったってわかって嬉しかったです。
ここまででみっちり一時間。



そしてそれからキックをやりプルをやり、そしてスイムをやってきました。
その間もひたすらに意識するのはストリームライン。
その間にいくつか欠点発見。
奥出さんに言われたんだけど、PullをかきおわってKickへ動作をつなぐときに無意識に『カクッ』と移行するためのスイッチ的な動作がひとつ入っているらしいのです。
そのスイッチを切り替える『カクッ』っていう0.5秒以内くらいの無駄な動きが動作のスムーズさを妨げているし、肩甲骨の動きがスムーズじゃないことが疲れの原因のひとつでもある…とのこと。
改善するには肩甲骨のストレッチとPull練習のときにうねりをなるべく使わないで本当に腕だけで肩から腕全体を動かして大きい動きをし、なおかつしっかりとストリームラインを意識すること…だそうです。
こういう細かい動きって実際泳いでた人にしか解らないし、ましてや日本を背負って世界と戦ってた人からのアドバイスだとすごい説得力があるんですよね。



これだけでも今日の講習会の収穫だったんだけど、終わってから今村さんが100m平泳ぎを、そして奥出さんが200m個人メドレーを目の前で泳いでくれました。
もうね
ターンのタイミングからスムーズなキックとプルの連動から、キャッチの位置、入水の位置、水中での軌道まで、とにかくひたすら二人の泳ぎのひとつひとつ全部が勉強だったし、吸収したいものだったし、ああいうふうに泳げるようになりたいっと思えるところばかりでした。
見るのも本当に勉強です。
特にトップスイマーの泳ぎをじっくり見られることなんかないから、すごくいい勉強になりました。
言われたことすべて…なんて出来ないけれど、せめてひとつ、学んだ何かを活かせるようにしたいと思いました。


水泳は、特に平泳ぎは、泳ぎ続ける限り、一生勉強と研鑽ですね。
『これでいい』という終わりがないし、逆に言えば『これでいい』と思ってしまったらそれ以上にはならないんでしょう(これは何も泳ぐのに限ったことじゃないですが)

まだまだやらなきゃいけないことはたくさんある。
だけどそういうものがある、ということは逆に幸せなことなのかもしれないですね。


いつもとは違う環境で泳ぐのもまた楽しかったです。




スポンサーサイト
2008年09月27日 (土) | 編集 |
★土曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 50m×6×1'20"00
Swim 50m×6×1'30"00×Act.1+Fly&Br
*Humanswim/Swim
Swim 50m×3×1'10"00×3set(セット間レストなし)
1:Fly/Ba
2:Ba/Br
3:Br/Fr
Easy 50m×1
Kick 50m×1×1'20"00+100m×1×IM×2'30"00×4set(セット間レストなし)
1set:Kick→Fr IM→Fly&BaはDash Br&FrはForm
2set:Kick→Br IM→Fly&BaはForm Br&FrはDash
3set:Kick→Fr IM→Fly&FrはForm Ba&BrはDash
4set:Kick→Br IM→Fly&FrはDash Ba&BrはForm
Down Kick 500m×1×Fr+100m×1×IM
Total:2300m

ウーマンズ・スイム・フェスティバルまであと1週間となりました。
ここのところマスターズはどの曜日もIMがメイン練習なので非常にありがたいです。
今日はスプリント+持久力のトレーニングです。
とにかくDashをやってもKickをやっても体の重心がブレないように、しっかりと肩甲骨を使って伸びて泳げるように、そしてストローク数を数えてリズムが崩れないように…という感じで、『姿勢第一主義』を相変わらず貫いております。
Frはだいぶ入水位置が外側になってきたようで、キックがかなり楽に打てるようになってきたかな、と自分では思っています。
Flyはできるだけ入水のときに手のひらから入水できるように、親指から入水しないように、できるだけうねりを少なくするように…ここも姿勢重視で泳いでいます。
特別にフォーム改造をしなくても、ちょっと姿勢とか骨盤の位置とかに気をつけるだけで、フォームって変わってくるもんなんだな、と改めて感じてるし、これをなおしたらまだまだ伸びる可能性はあるかな、とも思っています。
それにしても、ウーマンズ前にかなりいい感じで泳げているので、ちょっと来週の試合が楽しみです。
無論それまでぬかりなく(苦笑)肩甲骨を中心に、体の柔軟性を高めてしなやかで疲れにくい泳ぎを目指していこうと思います。

2008年09月26日 (金) | 編集 |
★木曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 200m×1×Kick&Swim
5分間Kick Fr×200m×1
Swim 50m×4×Ba×1'20"00(KickをDseの意識で泳ぐ)
Easy 50m×1
Drill Swim 25m×2×50"00×4set(奇数:Fly 偶数:Br)
Fly:3ストロークの後上半身だけでうねりをつくって呼吸/Swim
Br:掌をあわせてストリームラインを意識して泳ぐ/Swim
Easy 50m×1
Swim 50m×10×1'05"00(前半5本:Fr 後半5本:Br)
*15"00-20"00レストが取れるタイムで泳ぐ
Dash 25m×2(Fly 17"3 Br:20"2)
Down Kick 500m×1×Fr+50m×1×Br
Total:2000m

最近Downを兼ねた500mキックをやっていてちょっと感じたのですが、どうやら足の体重のかける部分がどこか違うのではないか…と。だから歩いていても歩きずらいし、キックの練習をやっても今イチBr以外はしっくりこない。
そこで、骨盤と太股の関節部分を『点』として意識し、しっかりと下っ腹の部分を引き締めて足の太股の裏の部分に1本線が入っている気持ちで足を動かすと、どうやらきちんとキックが打てるようになる、ということに今さら気がつきました。
常に骨盤を前に少し押し出し、かつ、おなかを引っ込める…という意識を持って泳ぐとキックだけではなく、泳ぎそのものもしっかりと安定するようで、Brのキックのときも、常に股関節で下半身を輪切りにしたら断面になるであろう部分にしっかりと力を入れて意識してここのところ練習しています。
故に、練習前も練習中も、時間があれば、ひたすらに、けのび、また、けのび…とにかくストリームラインをきっちりと取って泳げるように常に意識をしています。
他の技術は完全に今は2の次(苦笑)
このストリームラインの延長線上にどの泳ぎもあるわけですから、レース前に初心にもどってしっかりとした大きないい泳ぎをできるように、ということを常に念頭において今は練習しています。

このストリームラインに伴って問題になってきたのは、肩甲骨の硬さ。
特に右肩の肩甲骨周辺はすごく硬くて、ストリームラインをつくっていると、それだけで疲れてきてしまうくらいに硬いので、これは日々のストレッチでしっかりと改善していきたいです。
逆に左はすごく柔らかくで、それでけのびをやるとバランスが崩れるんですよね。
なかなか難しいですけど、地道に練習して、大きないい泳ぎを出来るようになりたいです。



2008年09月23日 (火) | 編集 |
★火曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 100m×2
Kick 50m×6×1'20"00×Act.1 Dse
Easy 50m×1
Swim 25m×3×50"00×4set
1set:Fly/サイドキックをしながら片手ずつSwim×2/Swim
2set:Ba/片手Swim×2/Swim
3set:Br/4Kick1Pull/3Kick1pull/Swim
4set:Fr/片手Swim×2/Swim
Easy 50m×1
Swim 100m×4×IM×3'00"00
1:Fr Hard
2:Fly&Fr Hard
3:Fly&Ba&Fr Hard
4:Dash
Down Kick 500m×1×Fr+50m×1×Br
Total:1850m

さすがに祝日とあって、今日の夜練はすいてました。
そんな中でも私は、昼間筋トレに行ってから夜泳ぎにいく、という現役時代みたいな1日をすごしてしまいました。
今日はメインにDashがあったんだけど、昨日のストローク数を減らして、なおかつしっかり泳ぐ、というのを意識して泳いでみました。
が。
実際問題、今現在自分の中であれが通用するのはBrとFrだけ、ということがわかってしまいました。
Flyはストローク数を減らすとどうしてもうねりが大きくなってしまってあまり効果がない。
Baに至ってはそれどころではない(苦笑)
まあとりあえず、出来るところからやっていこうとは思っています。
Brが出来るようになれば、応用がFlyなんだから出来るようになるとは思うんですが、どっちにしても相変わらず問題は体幹です。
Easyのときにできるだけけのびをして、ストリームラインをきちんととれるように意識はしていますけど、まあ、すぐにはどうにかなる問題ではなさそうなので、こつこつと積み上げていって、いいストリームラインで泳げるようになろうと思ってます。
2008年09月23日 (火) | 編集 |
★月曜日のメニュー(13:00-14:00)

W-up 50m×6
Swim 25m×2×55"00×4set×Act.1
グースイム/Swim
Swim 25m×3×1'00"00×4set×Act.1
チキンプル/グースイム/Swim
Easy 50m×1
Swim 50m×1×Br
Swim 50m×4×Br×2'00"00
Down 100m×1
Total:1200m

(14:00-15:00)
800mくらいのバタフライフォーミング

夜のマスターズクラスはほとんど選手コースと同じの泳ぎこみが多くてどうしてもフォームのことまで頭が回らないことが多いので、4連休の3日目である月曜日は昼間のマスターズコースに行って、みっちりとフォーム修正を中心に2時間泳いできました。
メインは50m×4のS1なのですが、これは人数が少ないこともあってひとりで1コースずつ順番に泳いで、他の待っているメンバーがそのストローク数を数え、ストローク数を変えないでDseをやる、という耐乳酸+フォーミングというなかなか普段は出来ない練習でした。
で、先週はだいたい8→10くらいのストローク数でBrを泳いでいたんだけど、今日は7→8か、8→9というストローク数できっちり46秒台のDseで4本そろえました。
単純計算ですが、これで計算すると46秒×4=184秒、つまりストローク数がこのくらいで泳いで3分4秒の短水路200m平泳ぎのベストタイムが出る、という計算になるわけです。
苦しくなったときに、いかに我慢してしっかりとストリームラインをとって『勇気をもってゆっくり泳ぐ』とこができるか、そこが勝負の分かれ道になってくるんだと改めて思いました。
一緒に泳いだ同じ年齢で同じブレスターのK野さんには『プルのタイミングを自分でとってリズム感で泳いでいるので、それを逆にストローク数で崩さないほうがいいかもしれない』とアドバイスをいただきました。
確かに私には自分で決まった一定のリズムがあって、調子がいいと、そのリズムでストローク数8とか7で泳ぐので、それをやはり意識して泳いだほうがいいんだな、と改めて思いました。
ウーマンズを前にちょっと何かがつかめてきた感じがします。
で、その後はバタフライが得意なMコーチの上級クラスに参加させてもらって、2個メとメドレーリレーのバタフライ対策をしてきました。
どうも入水の後のボディポジションが深くなってしまいがちで、それによってだんだんとプルがしんどくなってきているとの指摘だったので、入水位置を今よりもちょっと浅くして全体的な水中のボディポジションを何センチかあげていけるようにしたいです。

ブレストにしてもバタフライにしてもそうなんだけど、しっかりとしたストリームラインをつくるのにはそれだけ体幹を鍛えておかないと姿勢が崩れて逆におよぐのがしんどくなってくることを改めて感じたので、陸トレ・筋トレそしてストレッチをしっかりやって体幹を鍛えて姿勢をよくしていかないといけないな、と思いました。

2008年09月19日 (金) | 編集 |
★木曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 200m×1×Kick&Swim
Kick 50m×6×Fr×1'30"00×Dse
Kick 50m×4×Br×1'30"00 2Hard 1Easy 1Hard
Easy 50m×1
Drill Swim 25m×2×50"00 4set Act.1
*ストリームラインを意識した4種目のDrill/Swim
Easy 50m×1
Swim 50m×4×1'30"00×Best+3+50m×1×Fr×Dash 2set
1set:Fr(38/37/37/37+36"5)
2set:Br(49/47/47/47+47"3)
Dash Kick 50m×1×Fr
Down 200m×1
Total:1750m



今月の『Swim』にも大きく取り上げられているし、昨今のマスターズスイマーの注目すべき点である『ストリームライン』を意識し、しっかり大きく泳ぐことを最近はもっぱらの課題としております。
それでもって、Best+3くらいで泳げればいいのですが、これがなかなか難しい。
特にクロールはどうしてもストローク数が後半になってスピードを上げなくちゃいけない…と思うと増えてしまうし、エントリーの位置が内側になってしまうので、そこで焦らないでじっくりとストリームラインも入水位置も意識して泳げるようにしていくのが課題ですね。

Brのほうは50mだとストローク数が8→10(または11)の合計で18か19くらいだと一番泳ぎやすくてかついいスピードで現在のところは泳げるようです。
それ以上増やしてもなんかバランスが崩れてかえって遅くなるし(実際50m×4のときに3本目は8→10で泳いで47"3だったんだけど、4本目に8→12になったら47"8に落ちた)だいぶ伸びて泳ぐことが体に染み付いてきたかな…というところです。
実はけのびとかストリームラインをつくる、という『姿勢』の面がちょっと苦手なので、これを克服してもうちょっといいストリームラインをつくって、もう1つくらいストローク数を減らして、なおかつタイムを縮められたらいいなと思っています。
来月のウーマンズ・スイム・フェスタの時に末永選手のブレスト講座に当選しているので、このときに世界レベルの『伸びるブレスト』と『ストリームライン』を勉強してこようと思います。
で、そのあとに出場する100mBrでそれを活かせたらいいな、と思っています。

もうすぐウーマンズ!
さあ頑張ろうっ!


ところで
練習後に同じチームのおじさんに50mのバタ足1本勝負を挑まれまして、見事に途中で足をつりつつも勝った…という顛末がありました。
おかげで今日は足が痛いです…とほほ。
2008年09月17日 (水) | 編集 |
★火曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 100m×1×Fr+100m×1×IM
Kick 50m×5×1'10"00×Act.1+Br
Easy 50m×1
Swim 25m×3×4set×50"00
右手→左手→Swim(BrのみKick×2/Swim)
Easy 50m×1
Swim 50m×4×1'05"00
1:Fly/Ba
2:Ba/Br
3:Br/Fr
4:Fr/Fly
Swim 50m×4×1'00"00×Act.1
Dash 25m×1×Br(19"9)
Down Kick 500m×1×Fr+100m×1×IM
Total:1875m

2008年シーズンを終えて、この夏で引退した平成生まれの現役高校3年生が3人、マスターズで泳ぎにきました。
いつもはけっこうのんびりと泳いでいるマスターズクラスですが、現役上がりがやってくるだけで空気が変わり、練習のピッチがあがります。
そして何より私がやる気になってます(苦笑)
別にいつもやる気がないわけじゃないんだけど、高校生と一緒に泳ぐと、自分が高校の部活とかスイミングの選手クラスにいたときみたいな気持ちになっちゃうんですよね。
で、同じくらいのペースで泳ごうとするから、どうしても練習のテンポがあがる。
でも私には、本来、このくらいのテンポのほうがあってるような気がするんですよね。
泳いでいてすっごく気持ちよかったです。
さて、それはおいといて、本日も問題のBrでありますが。
今日のDashのときは、ストローク数が9だったんです。
ストロークのテンポがいいときから比べて崩れてるから、タイムもその分だけ落ちてるのが自分で泳いでてすごくよくわかりました。
今日はちょっとkickが蹴れてなかった分、ストロークの数でカバーしようとしてしまい、テンポが上がってしまったようでした。
キックが蹴れないときは、ストローク数を増やすのではなくて、その分伸びの間合いをとって同じストローク数で水を上半身でつかむ泳ぎに切り替えいかないといけないな、そこのスイッチの切り替えを自分の中でしっかりと出来るように練習していきたいです。

実は足が筋肉痛だったので、だっからこそ、ほぐす意味も含めて、今日も500mバタ足やってきました。
なれてきて、もうちょっとピッチが上げられるようになったら、これを600mに増やしたいなと思ってます。


2008年09月14日 (日) | 編集 |
★土曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 50m×6×1'20"00
Kick 50m×8×1'20"00(各種目2本ずつ)
Easy 50m×1
Kick 25m×12×1'00"00
1.3.5:Br Dse(24/23/23)
2.4.6:Fr Form
7.8:Swim Fe&Ba Easy
9.11:Br Dash(23/22)
10.12:Fr Form
Swim 25m×12×1'00"00
1.3.5:Fly Dse (20/19/19)
2.4.6:Ba Form
7.8:Kick Ba Form
9.11:Br Dash(19'5/19"3)
10.12:Ba Form
Down Kick 500m×1×Fr+50m×1
Total:1900m

以前、メイン練習後に4個メを泳ぐ『4個メ部』があったんですが、最近はその部活がなくなって、『5バタ部』となっています。
まあ、要するにメイン練習後に板キックのバタ足500mをやる集い(苦笑)なんですけどね。
Kickiが弱い人には、これがいい運動になるんですよ。
で、不思議なことに400mまでいくと、あとはどこまででもバタ足をやってられるような気になってくる…というちょっと怖い部活動です(苦笑)
でも実際これをやるとやせるんです。
いやあ…これから冬にむかってなかなかいい部活動をしてるな、って感じでしょうか。

さて、Brのほうですが、実はBrの前に最近Flyのほうに進展が見られまして、こちらはある程度までピッチが上がるようになってしました。
その分だけ体がうねるようになり、キックも使えるようになってきたかも。
以前に比べるとずいぶんとFlyが楽になってきました。
やっぱり下半身の力って偉大ですね。
Brはやはりストローク数8がベストなようです。
下からスタートしてストローク8とあまり半分、という具合なので、短水路のターン後の折り返しがストローク8で20秒切れているようになれば、まずまず目標達成できそうなかんじです。
一旦自分の中のいいストローク数が決まってしまうと、そこにあわせて体を持っていこうという逆説的な意識でBrを考えられるようになってきたので、泳ぎのフォームそのものよりも、むしろそういう感覚のほうが収穫だった気がします。
バタ足で下半身を鍛えて、さらにBrにも磨きをかけていきたいです。


2008年09月11日 (木) | 編集 |
★木曜日の練習(20:30-21:30)

W-up 200m×1×Kick&Swim
Kick 50m×4×Act.1×1'20"00
*大きくゆっくりKick→KickDash
Kick 50m×3×Br×1'20"00×Dse(53/52/51)
Easy 50m×1
DrillSwim 25m×2×50"00×4set
*奇数:けのび→Swim  偶数:Drill→Swim
Easy 50m×1
Swim 100m×1×IM×2'00"00(Best+3-5)+Swim 50m×1×Br×Dash
Dash 25m×1×Fly (17"5)
Down Kick 200m×1×Fr+Swim 75m×1×Fr
Total:1300m

そんなに距離は泳いでませんね。
でもやっぱり木曜日は1週間も終わりに近づいていて体もしんどいときなので、半ばにDrillとかが入っていると体のバランスを調整できていいな、と最近おもうようになりました。
しかしながら、どうしてもBrでDashっていわれると、ストローク数が増えちゃうんですよね。
いい泳ぎの時はだいたい25mで8~9ストロークくらいが試合でもベストなストローク数なのですが、ちょっとあせるとそれが11ストロークくらいになっちゃう。
しかもストローク数が多くて腕が張るわりにたいしたタイムじゃ泳げてないし(苦笑)
やっぱりどんなときでも同じ、自分のベストのストローク数で泳げるようにならないといけないな、と思っています。
ウーマンズまで1ヶ月を切りました。
このあたりの課題を克服しつつ、試合に臨みたいです。
2008年09月09日 (火) | 編集 |
★火曜日のメニュー(20:30-21:30)
W-up 100m×2×Fr&IM
Kick 75m×4×1'35"00
1:Fly/Ba/Br
2:Fr/Fly/Ba
3:Br/Fr/Fly
4:Ba/Br/Fr
Easy 50m×1
Drill 25m×2×4set×55"00
*KickPullでAct.1
East 50m×1
Swim 125m×4×2'20"00
1:IM+Fly
2:IM+Ba
3:IM+Br
4:IM+Fr
Down Kcik 400m×1×Fr+100m×1×Br
Total:1800m

今日はちょっと人数が少なめなったので久しぶりにちょっとだけ(苦笑)距離練習のIM。
練習内容の中に『オーバーディスタンス』というのがありますが、それにちょっと似せた内容ですね。
1個メ+もう1本ですから。
でもこの例えば50mの後の最後の25mとか、100mの後の最後の25mとか、この距離を積み重ねることによってラスト25mでどのくらいDashが出来るようになるか…が変わってくるんだと思います。
特に来月のウーマンズは200IMとか100Brが控えていたりしますから、やはり最後にどれくらい頑張りぬけるかが勝負の分かれ目になると考えています。
こういう練習って長い距離を泳ぐ必要ってないんですよね。
多分200mの練習なら50m×4のところを4+25m1本にするとか、そんなレベルでもいいと思うし、その25mをやったかやらないかで全然違ってくると思うわけです。
練習にはちゃんとした意味がある。
それを自分なりにしっかりと意識し、把握することでメニューの充実度合いが全然変わってくると思うので、今後もしっかりと練習の意味を意識して泳ぎたいです。

それにしても、先週末とかが25mの練習とかが多かったので、久しぶりの『好き練』となりました。
楽しかったです。

2008年09月06日 (土) | 編集 |
★木曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 200m×1×Kick&Swim
Kick 50×8×1'15"00 *奇数:Fr 偶数:Br
Easy 50m×1
Swim 50m×4×Fr×1'20"00×Dse
Swim 50m×3×Dash×3set
1set:Fly/2'30"00(43"6 43"4 43"2)
2set:Ba/2'00"00(46"3 46"2 45"9)
3set:Br/1'20"00 (47"2 47"0 46"6)
Down 200m×1
Total:1500m

久しぶりの耐乳酸練習、しんどかった~っ!やっぱり耐乳酸は苦手だなあ…。
もうFlyなんか3本もたないし(苦笑)タイムはあがらないし。
Brも相変わらず五里霧中なんだけど、練習後のダウンの時にちょっと泳いでみたfら、何かがちょっと戻ってきた気にはなりました。
どうやら、上半身が上下しすぎているような感じなんですよね。
ゆえに疲れがでてくる後半では普通に下半身がいっそう沈みがちになっているんだと泳いでいて気が付いたので、上半身をあまり上下させないように頭の位置とかに気をつけて泳いでみました。
本当に平泳ぎは奥が深い。
泳いでも泳いでも、ってか泳ぐからこそ、あれこれと悩みが出てくるし自信もなくなってくる。
で、それを打ち消すものは練習しかないんだな…と改めて思いました。
泳いで消えてしまったものは、泳いで取り戻します!
2008年09月03日 (水) | 編集 |
★火曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 100m×2×Fr&IM
Kick 50m×5×1'20"00×Act.1+Br
Easy 50m×1
Swim 25m×2×50"00×4set×Act.1
Swim 50m×8×1'00"00
1&5:Fly/Fr
2&6:Ba/Fr
3&7:Br/Fr
4&8:Fr/Fr
Swim 50m×3×Br×2'00"00 Dash
Down 150m×1
Total:1400m


今日は人数も多かったので長い距離はなし。
その代わりにじっくりとフォーム修正&スプリントでした。
Swim 25m×2×50"00×4set×Act.1は、1本目はFormSwimで自分の気になるところを1点だけ意識して泳ぎ、2本目でその意識した場所を意識しつつピッチを上げていく、という内容です。
今回はどの種目も入水位置から水中での一連のPullの軌跡を意識して泳ぎました。
FlyとBrは、できるだけ体に近い位置に軌道をもってきて、その描いた軌道の上に体を乗せる感覚を意識して泳ぎました。
逆にBaとFrは入水位置がいつも内側に入りすぎてしまうので、自分でいつも意識している位置よりも手のひらひとつ分だけ外側にエントリーして、そこからストレートアームの状態で体を乗せていく感覚を意識して泳ぎました。
Flyを泳いでみて、どうもピッチがおかしいな…と思ってそのあとBrを泳いだら、これがまたキックとプルのテンポがバラバラ(苦笑)なんか全然あってないのが自分でも分かりました。
とりあえずどこが悪いんだか、自分でもよく分からない状態で、こんなときにピッチをあげたらますます自分の泳ぎがどこかにいってしまいそうだったので、とにかくストローク数を抑えて、ストリームラインを意識して泳ぎました。
同じブレストのK野さんに聞いたら、キックをけり終わったところで、腰に力を入れて伸ばす感じにしたらいいといわれたんだけど、その感覚もよく分からないし…私の場合は腰というよりも下っ腹に意識を集中させておくといいのかな、と思いました。
相変わらずS-1のクセに試行錯誤です(苦笑)
もうちょっと頭を入れてストリームラインを常に意識して泳いだらいいのかな、とかあれこれ思いつつ泳いできました。
このギクシャクが10月のウーマンズまでに治ればいいな、と思っています。
頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。