undefined 三毛猫のUltra Soul! 2008年10月
マスターズスイマーとして練習したり試合に出たり。そんな日々の水泳日記
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月26日 (日) | 編集 |
★土曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up
Swim 200m×1+Kick 50m×4×Act.1
pull&Swim 50m×6×1'20"00
1-4:Act.1 5-6:Fr
Easy 50m×1
Kick 50m×7×Fr×1'10"00×Bord
Swim 100m×4×IM×2'00"00
各本Act.1で種目Dash
Dash 25m×4×Fr×50"00
Down Kick 400m×1×Fr
Total:2000m

とりあえず今月と来月はメニューの最低ラインを2000mに自主的に設定しているので(苦笑)届かなかった場合はDownのKickで調整しようかな、と思ってやってます。
あとひとつ覚えたのは、練習メニューのサイクルを聞いたときにレストが明らかに15秒以上取れてしまうと分かったときは、こっちで自主申告でサイクルタイムを短くする、という技(苦笑)
どんなにFormで泳ぐ練習だって言ったって、50mを1'20"00のサイクルじゃあまりにも遅すぎて、却って疲れてしまうので、そこはさっさとサイクルを短くしてやることにしました。
無論最初から『耐乳酸練習』と宣言されて、1本ずつDashで泳ぐ時は、それはまた別の話。
それはレストがたっぷりないと意味がないですから。
そうじゃなくて今の時期のようなじっくりたっぷり泳ぐ練習のときは、そこでサイクルを短くして1本でも多く、かつ、しっかりしたフォームで泳ぐことのほうが大事だと思うし、しっかりメリハリもつくし、ゆったりマスターズコースさんとの明確な練習の差別化こそが、特級マスターズには必要だとわかりましたんで(ゆったりチームはサイクルが早い分には文句もいうけど、遅い分には文句はないので)その方向性でいこうか、と話し合っておりましたので、土曜日からそれを実行しております。
でもなんかそのほうが双方うまくいきそうでいい感じになってます。
今日は、練習の途中、アップのすぐ後にKickがこなかったのがいい感じでしたね。
ラストにKickをいれるのも面白いかも。
しかしビート板持ってのバタ足が1'10"00サイクルでちゃんと回れるようになったもんなあ…頑張ってるな、自分、とかいってみたりして。
この調子でしっかりと下半身を鍛えたいと思います。

スポンサーサイト
2008年10月24日 (金) | 編集 |
★木曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up Swim 50m×4×1'20"00+Kick 50m×4×1'20"00 Act.1
Swim 50m×4×1'10"00×Act.1
Easy 50m×1

Kick 50m×1×1'10"00
Swim 50m×1×1'10"00
Swim 100m×1×IM×2'00"00

4set
各セットごとに1種目ずつ
100IMはセットごとの種目をDash

Easy 50m×1
Swim 200m×1×IM
Swim 100m×1×IM
Swim 25m×4×40"00×Act.1(Dash)
Down Kick 300m×1×Fr+100m×1×Ba
Total:2300m

コーチが変わって、元選手の現ジュニア選手コースのコーチに木曜担当がなったわけですが、だいぶコーチのほうもマスターズコース全体のレベルがわかってきたみたいで、レベルにあわせて内容が完全2コース制になりました。
メニュー的にはあまり変わりませんが、サイクルタイムが短かったりメイン練習のあとのIMがあったりとちょっと変則です。
それでもゆったりコースよりも5分ほど早く全メニュー終了。
逆にいえば、このくらいのメニューのほうがちょうどいい、ということですね。
さすがは選手コースのコーチだけあって、シーズンオフのメニュー作りをしっかりしてくれております。
実にいいメニュ-でした。
特にディスタンスの中にスパイス的な要素として25mのダッシュをちりばめてあるあたりなんか最高です。緩急がしっかりついて練習にもしっかりとメリハリができるし、体にもメリハリはできていい練習だったと思います。
それと何がよかったって、来年の春の短水路が始まるまでにもいろいろ試合があるのですが、
それを全部無視して『春までみっちり泳ぎこみます。試合も全部無視です』と言い切ってくれたこと。
いいですねーこういう態度、すっごい好きです。
さすがに元選手だけあります。
まあ私はそれが分かってて冬の参加試合は全部200m以上の長距離にするつもりでいるんで、むしろこの宣言は大歓迎というところでしょうか。
やっぱりね、これか春のシーズンインまでは、体をつくらないとダメなのよ。
じゃないとシーズン中に体調崩すし、7月のジャパンまで体がもたないし。
やっぱりわかってるコーチっていいですね。
それに妥協しないで選手と同じ気持ちで取り組んでくれるところがいい。
ってか、我々が選手扱いされて喜んでる部分もあるんですけどね。
来週は全館休館日で練習も休みになってしまうので、この泳ぎこみに耐えられるだけの陸トレをその間にしておこうと思います。

泳ぎこみ練習ばんざーいっ!
2008年10月22日 (水) | 編集 |
★火曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 200m×1×Kick&Swim
Kick 25m×4×50"00×Act.1(ストリームラインを意識して)
Kick 50m×6×1'10"00(奇数:Fly 偶数:Br)
Easy 50m×1
スカーリング 25m×4
(奇数:頭を進行方向へ 偶数:足を進行方向へ ←どちらもミドルスカーリング)
Swim 25m×2×4set Act.1 Kick&Swim
Swim 100m×8×2'00"00
*3本目と6本目はIM あとはFr
Dowm Kick 300m×1×Fr+250m×1×Ba+Swim 50m×1×Ba
Total:2350m


日曜日の狭山が丘招待マスターズも終わり、本格的にオフシーズンに突入しました。
念願通り泳ぎこみのシーズンであります。
12月に町田のマスターズ大会を控えているので(400と200のFr)それにあわせて、兼、来期に向けて、キックだけはしっかりやろうと思ってます。
じっくりと体幹を作るためのフラットスイム確立のために『蹴り上げ』メインのキックが出来るようになりたいので(…と去年も言ってた気がする・苦笑)そこを意識して練習後のキック練習をしてます。で、Baも蹴り上げが出来るように、こっちも欠かさないで練習しようと思います。
メイン練習は勝手にディスタンスモードの練習に変換(苦笑)
200mのFrのあと、一番苦しい300mと600mのところでIMをわざと入れてしっかりタイムを落とさないで(むしろここでDashくらいの感覚)泳いでまたFrにつなげる、という400とか1500とか対応のメニューに勝手に変えてました。
でも、そうやって同じメニューで人と違うことをしないと、やっぱり強くはなれませんからね。
今が体をつくるためには最良の時期だとしっかり認識して、練習に取り組みたいと思います。
2008年10月15日 (水) | 編集 |
★火曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 200m×1
50m×4×2set
1set:Kick×1'20"00 2set:Swim×1'00"00
1:Fly/Fr 2:Ba/Fr 3:Br/Fr 4:Fr/Fr
Easy 50m×1
Swim 50m×4×1'20"00
奇数:Fr スタート・ゴール前10mDash
偶数:Br ターン前後10mDash
スタート練習 12.5m×4
Dash Swim 25m×1×Fr(ストローク数14 16"6)
Down Kick 300m×1×Fr+200m×1×Ba
Total:1425m


Downのときのキック練習をFr+Baに変更してみました。
陸トレのときのトレッドミルでのランでもラストの5分はダウンを兼ねたバックウォークをしているので、それと同じように、太股全体の筋肉を使えるようにしておこう、というのが目的。
まあ表の筋肉を使ったら裏の筋肉も使わないと、バランスがよくないですからね。
それと結局中途半端に終わっていた体幹の筋力とバランス向上、そしてその筋肉を柔軟に無駄なく動かして、なおかつしっかりと今の時期に体のケアもして…とシーズンオフはやりたいことがいっぱいですね。
とりあえず、やりたいことは全部やれるように、そして来年のシーズンをいい形でむかえられるように、今からしっかりとトレーニングを積んで、そして体を休ませて、戦える体にしていきたいですね。

まずは、基礎からしっかりとっ!


2008年10月11日 (土) | 編集 |
★木曜日のメニュー(20:30-21:40)

W-up 50m×4×1'20"00
Kick 50m×8×1'15"00×Act. 2本ずつ
Easy 50m×1
Swim 100m×6×IM
(サイクル)
1:2'00"00
2:1'55"00
3:1'50"00
4:1'45"00
5:1'40"00
6:2'00"00(Form)
Swim 50m×6×Fr×1'20"00
1:12.5m Dash/37.5m Form
2:25m Dash/25m Form
3:37.5m Dash/12.5m Form
4:25m Form/25m Dash
5:All Form
6:Dash(38"6)
Down Kick 500m×1×Fr+50m×1
Total:2100m

コーチが変わって2回目の練習ですが、まだまだコーチもコーチされるほうも手探り状態。
ただ、マスターズのコーチをやる以前に、ジュニアの選手のコーチをやっているので、そのジュニアのシーズンオフにやっているような練習をそのままマスターズでもやってくれればいい、とコーチには直訴しました。
一応あれこれと練習中も聞かれるのですが、ん~私基準でメニュー組んじゃうと、多分私より泳げる人はいいけど、そうじゃないゆったりコースは結構大変かと思います。だからどうせ水泳部を今シーズンで引退した高校生がいるんだから、練習メニューの基準をそこにあわせて、あとはサイクルを変えたりして削る…という方法で考えたほうがいいと思うけど



だけど私は泳ぎたい!
せっかくのシーズンオフなんだから1時間で2000m泳ぐくらいの
持久系メニュー組んでください!
泳ぎこみさせてくださいっ!




と訴えてきました。
どうせコーチがかわったんだから、今までとはまったく違うメニュー構成で楽しませて(苦笑)ほしいし、もうマスターズも4年になるんだから、そのくらい言ってもいいかな…とは思ってます。
だってコーチだってせっかくなんだから、選手を育てるのと同じメニューでばりばり泳いでくれたほうが気持ちいいでしょうしね。
それじゃなくても、マスターズ以外の上級成人クラスでは、さんざんおじちゃん・おばちゃんたちに練習内容発表のたびにあーでもない、こーでもないといわれているらしいので、せめて夜のマスターズくらいは黙ってコーチのメニューを黙々と取り組んであげたいですしね。
何よりきちんとした泳ぎこめるシーズンオフを、持久力をたっぷりつけられるいいシーズンオフを、私は過ごしたいのですよ。
コーチもいろいろメニューを考えてくれてるみたいですから、これからの冬のトレーニングシーズンが楽しみです。
今年の冬は完全にシーズンオフに徹しようと思ってます。
泳ぎこみに加え、しっかり走りこみと筋トレをやりこんで、来シーズンに備えた体を今からしっかりつくっていきたいです。
2008年10月08日 (水) | 編集 |
★火曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 200m×1×Kick&Swim(ターン後は必ず5m以上けのび)
Kick 50m×4×1'15"00+Swim 100m×1 2set
1set:IM 2set:Br
Easy 50m×1
Drill25m×2×50"00 3set
1set:Br/Kick Srill&Swim
2set:Ba/片手Drill&Swim
3set:Fly/片手Drill&Swim
Easy 50m×1
Swim 100m×6×IM×2'10"00(1'40"00で泳ぐ)
Dash 25m×3(Fly:17"5 Br:20"2 Fr:16"3)
Down 200m×1
Total:1925m

ウーマンズも終わりましたので、今日は遅いダウンを兼ねて(苦笑)だらだら~っと泳いできました。
とりあえず意識するのは、ゆっくり大きく、ワンストロークずつしっかりと水を捕らえて泳ぐ、ということ。
あとは、この前のウーマンズでも言われてきた『力のいれどころ』がどこかを再確認しながら泳いできました。
早く泳ぐ(ピッチを上げるとかキックを細かく打つとか)というのは案外簡単なんですが、ゆっくり泳ぐ…というのは言うよりもずっと難しい。
何故ならゆっくり泳ぐのは、体のバランスが出来てないとバランスを崩しておかしな泳ぎになるから。
ゆっくり泳いで自分のフォームを見直して、その上でシーズンオフになったので、しっかり泳ぎこんでいきたいと思っています。
今からしか泳ぎ込みって出来ないですからね。
きちんと時期を区切って、体をつくっていきたいです。
2008年10月06日 (月) | 編集 |
10月4日(土)

100m平泳ぎ 1'35"56 (35歳区分3位)
50m:46"56
100m:1'35"56(LAP 49"00)

200mフリーリレー 2'45"18(160歳区分17位)

朝から末永選手の平泳ぎ泳法講習会があったので午前7時30分に会場に行きました。
今年も人が多いですねえ…50mのレースのスタートサイドに場所をとって、メインプールで軽く2000mくらいアップ。
その後公式スタート練習をやって、講習会にいきました。
講師は北京五輪競泳代表で先ごろ引退を表明した森田智巳さん。
泳ぐのは末永選手。
キックの幅の狭さとそれによってもたらされる推進力に圧倒されつつ、それでもこの前今村元気さんにも言われたストリームラインを意識しつつ、30分の講習に行ってきました。
その後開会式を挟んで先にフリーリレーから。
昨年のリレーとはまた違うメンバーでの参加となりましたが、各チームが続々と棄権していく中で、無事にレースに参加できたことは本当に幸せなことだと思います。
ちなみにレースには『シン_レボシューション』を着用して参加しました。
その後、にブレストの個人のレースだったのですが、ストリームラインを意識しすぎて、自分のリズムがつくれない。ラインをつくったところから、プルの動作に移行するときに一瞬動きが止まってしまう…という事態になってしまい、メダルはもらえたものの、あえなく無残な記録に終わりました。
あまりに無残すぎて、試合が終わっていこうと思ってた練習も休んでしまいました。


10月5日(日)

200m個人メドレー 3'08"62 (35歳区分2位) ←Best Time!
50m  38"05 (Fly:38"05)
100m 1'24"15(Ba:46"10)
150m 2'11"30(Br:47"15 )
200m 3'08"62(Fr:43"89 )

200mメドレーリレー 2'52"70 (120歳区分12位)


ようやく念願の長水路3'10"00切りを達成しました。
今回よかった点は、最初のFlyを40秒切って入ったけれど、あとのBaとBrで50秒かからないで泳げたことだと思います。
Brは前日の泳ぎを反省して、あまりストリームラインにとらわれず、自分のリズムで泳ぐことを心がけました。
どうやらそのほうが楽に泳げるようなので。
Frで最後まで足が止まらなかったのもよかったかな、と思います。
相変わらず入水位置がちょっと内側気味なので、その点はまだまだ改善しないといけないし、背泳ぎが相変わらずの課題ですが、それでも目標達成できてよかったです。
これで長水路での2個メ3分切りの光明が見えてきたかな…という感じです。

これからも頑張って練習しますっ!


2008年10月03日 (金) | 編集 |
★木曜日のメニュー(20:30-21:30)

W-up 50m×6×1'20"00
Kick 50m×8×1'20"00×Act.1各2本ずつ
Easy 50m×1
Swim 100m×7×2'00"00
1-4:IM→1本ごとに1種目ずつDashあとはForm
5:Fly/Ba
6:Br/Fr
7:IM×Form
Dash Swim 100m×1×Fr(1'24"1)
Kick 500m×1×Fr
Down 100m×1×IM+50m×1×Br
Total:2200m

スイミングクラブといえどもそこは会社です。
10月になって秋の人事異動がありました。
今まで木曜日を担当していたKコーチがそのまま火曜日にスライド、木曜日はジュニアもみているNコーチ、土曜日は最年少コーチのOコーチになりました。
マスターズクラスは昼間もあるのですが、昼間2日(月曜日と水曜日)にくると5回全部違うコーチになる…というわけです。
土曜日の担当だったYコーチは本当に練習内容も好きだったし人気もあったので、何があっても土曜日だけは参加してたんだけど、今後はもしなにかあったら火曜日に休もうかな、なんて思ってみたりして(まあコーチでえり好みをしちゃいけないんですけどね)
でもって、今日はNコーチの1回目でした。
今までマスターズを担当したことのなかったコーチなんで、どんな按配か分からない…ということで今日は全コース統一メニューでした。
私たちには結構こんなもんかな、というサイクルだったりメニューだったりしたのですが、いつもサイクルが違うコースの人たちはちょっと大変だったみたい。
私らがサイクルを普通にこなすけど、サイクル違いのコースが全然回れなくて、コーチが『え…サイクルキツいですか?』って聞かれてしまったんだけど『ん~別にこれで普通だけど、ってかちょっと楽な感じ?(実際問題そうだから)』と答えてしまいました。
まあコーチも手探りですからね、これから頑張って欲しいものです。
でも、シーズンオフになって、これから体力作りの泳ぎこみのシーズンなので、しっかり泳がせてくれるメニューを作ってくれるコーチなら、誰でもいいんですけどね(苦笑)

練習はここのところ本当にストローク数を数えて泳ぐようになりましたね。
Dashのクロールもストローク数を数えて泳いでいたので、ここからストローク数を減らして(あるいは同じにして)タイムを早く出来るようにしっかり練習していきたいと思います。
ブレストはストローク数がだいたい6から7くらい、とひとつ減らせるようになりました。
これで個メを泳ぐとすごく楽。
タイムがどのくらいか気になるところですが、それは明後日のウーマンズで泳いでみれば分かることでしょう。
水泳はどこまでやってもたくさんの研鑽の予知がある。
試合も練習も、奥が深くて追求を始めるとやめられない。
数学や理科と違って答えは絶対にひとつじゃない、泳いだ数だけ、泳ぐ人の数だけ答えがあって、いや、本当は答えなんかどこにもないんだと思うんです。
でもそれがいい。
やったらやっただけの違う答えがみつかるところがいい。
だから水泳は、というかスポーツは奥が深い、そこにみんなハマるんでしょうね。

私の答えもまた、プールの奥底のどこかに潜んでいるんでしょうかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。