undefined 三毛猫のUltra Soul! 2011年07月
マスターズスイマーとして練習したり試合に出たり。そんな日々の水泳日記
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年07月30日 (土) | 編集 |
世の中的にはこれから夏真っ盛りですが(でも今年は冷夏の予報らしい…)すでにマスターズ水泳は秋の大会のエントリーが続々と始まっております。

とりあえず10月は
ウーマンズスイムフェスティバル
千葉県マスターズ

の2試合のエントリーがチーム内で締め切り。おそらく本番エントリーも終わっていることかと思われ。

そして10月最大のイベント(もはやイベント呼ばわりか…苦笑)といえば

狭山が丘招待マスターズ

なのですが、なぜかこれがうちのチームの年間最大行事なのであります。

多少なりとも泳力があるとみなされると、問答無用でリレー要員に抜擢される。
しかもメンバーの絶対数が少ないが故に、当然のように1日でリレー4本メンバーになってしまう。
例えば千葉マスやらウーマンズのように各種目の人数がたくさんいて、組数もおおければ多少なりとも休めるものなんだろうけれど、残念ながら狭山が丘はそれが少ない。
下手な個人種目を入れるととんでもないことに、毎年なってる。
しかし今年は春先の短水路がなくなってしまって、ここの試合が短水路の記録を残すのには大事な試合になってくる。(私は1種目の記録よりも、1つでも多く50傑ランキングに名前を載せたい派であります)
さあ、エントリー種目どうしよう!
って言ってた矢先にコーチから言われました。

『リレー出ませんか?』
『いや…出ませんかって毎年知らないうちにメンバーになってますから』
『今年はコーチ陣も出るんですよ。よかったら一緒のチームで』
『で、何を泳ぐんですか?』
『私はブレしか泳げません。MコーチはS1がバタフライなのでそのままスライドですよね。で、新任の彼女はクロールしか泳げなくて…背泳ぎ…ってことに…』
『は?』

もしもーし!
コーチ、それ冗談で言ってますよね?
私にBaですと?
マスターズのコーチを前にやってて私のBaがどんなものだかご存じですよね?

それはちょーっとでーきないーそーだんねー♪

でも結局は言われたらやるんだろうし、そもそも8月の試合ってそんなこと言いながらも長水の1バックだし。

そんなことを思ってたらこんなメニューになりました。

W-up 100m×2×2'00"00+50m×6×1'10"00
Kick 50m×8×1'10"00(1-4:Ba 5-8:Br)
Swim 100m×1×IM
Pull 100m×6×Fr×1'40"00
Swim 50m×4×2set
1set:Ba×1'00"00
2set:Fr×50"00
DrillPull 25×10×40"00
Dwon 200m×1
Total:2450m

頑張ってメインのスピード練習してみた。
とりあえずFrのほうは42→40→38→38くらいだったとおもうので、まあこんなもんかな、と。
もうちょっとスピード練習入れたいなあ…8月からの自主練メニューはちょっと頑張っていれるかな、と思う今日このごろなのでした。

ところでその8月のJSCA全国マスターズの最終要綱もらったのですが、エントリーした1バックと1ブレの間が多分30分くらいしかないことは判明しました。
なにそのドMエントリー(笑)

そんな三毛猫の、明日はどっちだ!
スポンサーサイト
2011年07月28日 (木) | 編集 |
ペースクロック 1個


…(苦笑)

とにもかくにも1個でも、ペースクロックようやく復活!

え、でも以前のものは結局壊れてしまったので、新参者のペースクロックなんですけど、どうやら昨日登場したようで。
いやあ…やっぱりあれがあるのとないのとでは大きな違いですね。
特にレッスンコース後のフリー練習では、ジュニアちゃんたちとの時間の兼ね合い(ロッカーは当然同じなので人数が多いジュニアちゃんたちとかぶらないように使うのが信条)やら、シャワーの兼ね合い(絶対人数に対してシャワーが少ないのでウォークングの人たちがあがるのとかぶらないように、シャワーの待ち時間なんてもったいないことのないように時間を調整する)やらがあるので、分針のあるペースクロックは練習以外でも欠かせないわけで。
それに、やっぱりこれがあるのとないのとでは練習に対する気持ちもなんとなく違うんですよね。

失って始めて気が付く、その偉大さ。

今度は長居してもらわなくちゃ。

そんな昨日はアクアビクスからのフリー練習。

W-up 400m×1
Kick 100m×10×2'00"00(1-5:Fr 6-10:Ba)
DrillPull 25m×4×2set(1set:Ba 2set:Fr)
Swim 100m×2×IM×2'00"00
Down 100m×1
Total:1900m

これを40分で。

で、ひとつ分かったのは、アクアビクスの後いきなりSwimから始めるとめげるので(苦笑)好きなPull練習から入って足をお休みさせてから泳ぐと結構頑張って泳げる、ということ。
それと、アクアビクスのあとは冷水シャワーをあびえてから泳ぐとすっきり泳げるってこと。
アクアビクスを始めて3ヶ月。
ようやっと腹筋とか体幹とか、筋肉を伸ばすとか、ということをちゃんと体で体感できるようになってきたかな…という感じです。
股関節とか伸ばすと気持ちいいんですよね。
もともと股関節とか固いので、筋肉がのびて気持ちがいいです。

まだまだいろんな練習していきます!
2011年07月27日 (水) | 編集 |
世界水泳盛り上がってますね。

昨日は入江選手が1バックで銅メダルゲット!

いやあ…すごいなあ。とくにあの後半の追い上げはやっぱりすごい。あのゆったりしたフォームからどうやってあのスピードが出るんだろう、と一昨年某所で、その泳ぎを間近でみたときにおもったものですが、今回はそのとき以上のそうおもってます。

自分が背泳ぎ苦手だから、というのもあるんでしょうけど。

ああいう背泳ぎが泳げたらいいのになあ。贅沢はいわないからせめてあの半分くらいはなんとかならないもんだろうか…見るのもいいけど、自分も泳がねばならぬ。

ということで、世界水泳は録画にまかせて昨日は泳ぎに行きました。

火曜日なのでDrillメインのメニューで。

W-up 25m×6
Kick 25m×4×Fr(奇数:水面Kick 偶数:水中Kick)
DrillPull 75m×3(片手→両手→Swim)
DrillKick 25m×3(サイド×2/Ba Kick)
Swim 100m×4×Fr×2'10"00
Swim 800m×1
DrillPull 25m×10×Ba(左手のみ)
DrillKick 25m×10×Ba(左足のみ)
Swim 100m×2×Ba+100m×2×Fr
Down 200m×1
Total:2850m

800mのストレートの前までが成人上級コースのDrillメニュー。
以後が自主練のDril兼泳きメニュー。
やっぱり体のバランスがよくないと、しみじみと、かつ、かなり今さら感じたので、みっちりと弱い左だけをいじめてみました。
しばらく時間があったらちゃんとやっておきたいと思います。

JSCAマスターズ千葉まであと2週間。
さて、どんな1バックになりますことやら。
入江選手や寺川選手みたいに、最初からガッツりスピード上げて泳げるようになりたいな。

まあ
私の背泳ぎのスピードなんてスロー再生みたいなもんですけどね(自覚はある・笑)

2011年07月26日 (火) | 編集 |
いよいよはじまりましたね!

世界水泳の競泳競技。

シンクロや飛び込み、OWSに水球などはすでに競技を終えたりしていますが、競泳はようやくの開幕。

いきなり初日に韓国のパク・テファン選手が400m自由形で金メダルをとったり、昨日はまだ予選段階だけど男子の2フリでロクテ選手とフェルプス選手が激突したり…とみどろ満載で楽しんでおります。

トビウオジャパンはまだまだこれからってところでしょうね。

昨日の北島選手の1ブレ4位は惜しかったなあ…でも、レース後に優勝した選手をたたえる姿、『自分はまだまだ遅いってことです』とキチンと自分の現状を自分で受け止めて、なおかつ勝利した相手をたたえることのできる、そういうコメントと姿勢は、金メダルに匹敵すると思いましたね。

あれがあるからこそ、北島選手はキングなんだと思います。

あれこそサムライ。
あれこそ武士道。

礼節を持って相手を敬い、己の未熟さを己で把握しさらなる高みを目指す者。

満開時も、散り際も潔く。

ああ、日本人だな…と北島選手をみていると思います。

キングといえば、サッカーの『キング・カズ』こと三浦和良選手のイメージが強いですが、真にキングたるものはやはりどちらもその姿勢あってこその称号なのだと思うわけです。

かっこいいな、と改めて思いました。
だから全然年下だけど、尊敬しているわけで。

今日は2バタで松田選手が登場してますね。
どんな泳ぎをキャプテンが見せてくれるのか、そしてマイケル・フェスプス選手との戦いはどうなるのか…楽しみです。

いつも午後2時から予選の放送をやるのですが、それは会社でワンセグでみてます。

いや…ヒマなんで、会社(笑)

ってか、高校野球が始まると、テレビのある食堂から出てこなくなるか、あるいは1日中ワンセグで高校野球みながら仕事しる部長や専務、営業のお兄ちゃんたちから比べたらはるかにマシだと私は思ってるんですけどね。

そんな開幕前の土曜日は私のほうの練習日でした。

W-up 400m×1+KPS×300m×1×IM×2'00"00
Kick 50m×4×Fr×1'05"00
Pull 150m×3×Fr×2'30"00
Swim 100m×4×Fr×1'40"00
Swim 500m×1
Down 200m×1
Total:2450m

あとなんかやったような記憶があるけど、わすれました(笑)
Swimの100mはアベレージ1'27"00くらいで全部回れてたのでいいかな、と。
よくないかもしれないけど。

今週は土曜日が休館日になってしまうので、火曜日からの3連チャン頑張ります。

なんかプールに行く…となると元気が出るんだよなあ。

2011年07月22日 (金) | 編集 |
昨日7月21日は『土用の丑の日』でした。

そもそも丑の日に鰻を食べる、という習慣が、江戸時代にかの発明王・平賀源内先生が、夏になると鰻の売れ行きが悪くなる…という鰻屋さんのお悩みに応えるべく、店先に『本日は土用の丑の日』という張り紙をさせたのが始まりとか。

今よりももっと暦や季節の移ろいに関して敏感だった江戸時代、節句や土用といった時の節目に食べ物を食べることも一種の娯楽だったんでしょうね。

無論そんな時代にプールなどなく。

無論こんなに暑い夏であったわけでもなく(そもそも私らが子供の頃って、最高気温30度になることも稀だった気がするんですよね…ここ10年くらいですよね、こんなに暑い夏になったのって)

でも200年たっても鰻を食べる楽しみは変わらずに、そして鰻を消化することを忘れてはならないことも、おそらくは変わらずに。

おいしい鰻の蒲焼をいただいたので、にょろにょろと張り切って練習してきました。

W-up 100m×2×2'00"00+50m×6×1'10"00
Pull 50m×10×1'10"00
*1-8:IM&Fr 9:Ba 10:Br
Kick 25m×12×40"00
*1-4:サイドKick 5-8:水中Kick 9-12:水面Kick
Swim 100m×5×2'10"00
*1-4:IM各種目 5:100IM
Swim 800m×1×Fr
Down 200m×1
Total:2800m

そんなこんなでチーム練習の後何を思ったか、鰻のようににょろにょろと、800ストレートでSWIM
これがまた水温が低くて気持ちよかったわけですよ。
連日水温推定32度とかだったので、2度低い30度がまるで天国のよう(笑)
しかも気温が低かったのでプールサイドも涼しかったし。
ひと夏こういう状況だったら、気持ちよく泳ぎこめるのになあ…なあんて贅沢は言ったらいけないですね。

そろそろ来月のJSCA全国の準備もしなくちゃ!

えーと
千葉マスのエントリー、マジでどうしよう。

2バック2ブレかなあ…ってかヘタしたらその合間にリレーとかがあったりとかして。

それは怖いな、マジに。

狭山ヶ丘のエントリーは、全然考えが回らないです、はい。
2011年07月21日 (木) | 編集 |
…ついでにアクアビクスにも弱い(苦笑)

台風の余波をもろにくらって低地で川に囲まれた中州の街の地元では、朝から放水路の水門全開で水量調整をしておりましたが、それでもやっぱり夕方には市内あちこちで道路が冠水しておりました。
そういう日のプールはたいがいすいている。

特に泳ぐほうのレッスンのない水曜日あたりはびっくりするほど空いている。

毎度結構な人数のいるアクアビクスも昨日はtぐいにひとケタ6人のみの参加。

その後のフリースイムも4人くらいしかいないし。

さぞかしゆったり泳げるんだろうな…と思っていたんだけど、結局やっぱりアクアビクスの後で泳ぐのってしんどいわけで、ざっくり1500mくらい流して帰りました。

あれでもうちょっと頑張ってまっとうに練習できるようになってくると違うんだろうな、とおもったりするわけですけど、いつになりますことやら。

道路は水に弱い。

私はアクアビクスに弱い。

…こまったもんだ。


そういえば、10月以降の大会の要綱が続々と届いてきました。

一応チーム内エントリーはウーマンズは締め切りったし、今週中に千葉マスターズのエントリーも締め切りがきます。
あと狭山ヶ丘マスターズのエントリーもきたし。

あー狭山出るならさくらに出たいけど、どうせ狭山は強制召集されるから行かないといけないんだよねえ…同じ短水路なら横浜のほうが条件いいような気もするけど。

11月のイーハトーブにかけるかな、今年の残りの短水路は。

思案の7月なのでありました。
2011年07月20日 (水) | 編集 |
そもそも人にちゃんと教えられるくらいだったら、もうちょっと自分だって泳ぐのがうまくて、もうちょっと速く泳げるようになってるだろ、というツッコミを自分でいれつつ。

それでも人様よりちょっとばっかり平泳ぎが好きだとバレてしまうと、いろいろなことを聞いて下さる方ってのはおられるものです。
私の微力にも満たないようなお力でよろしかったら、分かる範囲でお教えします…という気持ちでいるわけですが、それでも人様に泳ぎを教えると、教えるって大変だな、と思う反面、人に言葉でものごとを伝えると、それを自分の頭の中であれこれ考えないといけないから、それって逆に自分のフォームとかを考えるようになってすごく勉強になるんだな…とふと思ってみたりします。

たとえば昨日は平泳ぎ。
技術的なことを話せるような泳ぎは絶対してないし(だからしてたらもうちょっとまっとうな平泳ぎを泳げるようになってるだろって話よ)細かいことを話しても頭にいっぱい『?』がついちゃうこともわかっているから、イメージの話をするわけで。
腕の上腕のところに腕にすっぽり入るだけの水のボールをつくって、つくったボールの上に体を乗せてボールの力で前に転がるように進む。
それとなくわかるような感じで話してあとはやるしかないわけで。
なかなかコーチもひとりひとりゆっくり見ている時間もないみたいで、それがわからないまま泳ぐところにいってもそりゃ大変だろうな、大人の人は特に…と思うわけです。
それでね
ちょっと教えて差し上げて、泳ぐのが好きになってくれたらいいな、と思う今日このごろなのでありました。

そんなこんなをやっていたので、1時間Drillレッスンををやってその後であれこれ聞かれたことに応えていたので、自主練は多分1000くらいしかやってないです(苦笑)


まあね
そういう日があってもいいかな、みたいな、ね。

それで自分ももうちょっとまっとうに泳げるようになる何かをつかめればそれで結果オーライなのかな、と思います。

結果は…そのうちついてくる、のかな?

あはは。
2011年07月17日 (日) | 編集 |
気温もさることながら、プールの水温が暑い。
今年は加えてプールサイドの室温も暑い。

多分昨日は水温32℃は確実でしたね。

『冷水ください!』とコーチに涙目で訴えて(苦笑)バケツに凍らせたペットボトルを入れて水を冷却し、それをかぶりながら泳ぐ、という夏恒例の風景が展開されておりました。


練習終わったら、その冷たい水をかぶって練習をしめる、とね。

おまけにホームプールは水が濁っていることが確立98%なので、この時期は、金魚の気持ちがよくわかります。
金魚飼ってる人には、水はこまめに変えてあげてね…といいたくなる今日このごろです。

そんなこんなので練習量もままならず、以下メニュー的にはこんな感じで。

W-up 400m×1×100m×4×2'10"00
K/S 50m×4×1'10"00
10m Swim Fr×650m
Pull 50m×6×Fr×1'00"00
Swim 50m×4×Fr×1'00"00
Down 200m×1
Total:2350m

K/Sは各種目1本ずつで25mずつKick&Swim
その後10分間泳をやって、Pullは5ストロークHard10ストロークFormの繰り返し。
ん~やっぱり300mすぎるとノッてくるんですよねえ、それで600mくらいで1回飽きる(笑)
もうちょと早めにエンジンかけないといけないな、と思っているので、スピード練習もがんばります。

ちなみに
練習が全部終わってからプールサイドで空調が効きだして、『遅いやんけ!』とツッコんだのは、ここだけの話です。


【余談】

来年のジャパンマスターズはならぷーとのこと。
やあ…来年は楽できますね。
2011年07月15日 (金) | 編集 |
同じチームに農家関係者がいると、この時期の練習日は、露地もの地元野菜の無料配布会がロッカーで不定期開催されることがあります。(ガチな話)

で、昨日は地元特産の小松菜ときゅうり。

そしてチーム産メッシュキャップ(違・苦笑)

そもそもはマスターズチーム内でおそろいのメッシュキャップを作ろう、という話になっていただけだったんですが、まあ世の中には『発注ロット』というものがあるわけで。
最低ロット30から!というご指定だったので結局30枚つくったら、すでに予約で21枚売れました(笑)
マスターズチームだけでなく、上級コースの会員さんからジュニアの選手まで。

みなさんお買い上げありがとうございます。

いやあ…誰もが使えるように、紺地に白文字にしてよかったですわ。

これで8月のJASCA全国マスターズから使えるようになりますね。

大会といえば、今日からジャパンマスターズがなみはやで開催されますね。
今年はエントリーしませんでしたので、このトップシーズンの7月と8月が結構ゆったりです。
まあね…もっとも毎年一番忙しいのは秋だったりとかするので、今年もそのモードでいこうとは思っておりますけれど。

来年は参加できるといいな、と思ってます。

で、ジャパンにエントリーしなかったお暇なマスターズスイマーはこんな感じで泳いでます。

W-up 100m×2×2'00"00+50m×6×1'10"00
Kick 200m×2×4'40"00(Fr&Br)
D/S 25m×2
Pull 400m×1×Fr
Swim 100m×6×Fr×1'50"00
Swim 50m×6×1'00"00
*1-3:Fr 4-6:Ba
Down 200m×1
Total:2450m

D/Sは今週もスカーリング
ただし苦手なヘッドが2本
腕がパンパンで大変でしたけど、それだけパワーがないってことだと認識してます。
これがもうちょっとフットと同じくらいスムーズに出来るようになると、泳ぎも違ってくるんだろうな、と思ってます。
100m×6はペースクロックがないのを逆手にとって、コーチにタイムを計ってもらってました。
とりあえず全部1'28"00くらいで泳げてたからまあいいかな、と思ってますけど、相変わらず後半になるとなにやらペースが上がってくる…っていうね(苦笑)

でもなんだかんだいいながら、やっぱり水につかるのは楽しいです。

これで泳いでなかったら、どういう人生送ってるんだろうな、とふと考えてみたりする、夏の夜でありました。
2011年07月13日 (水) | 編集 |
そのペースクロックのおかげで、まあいろいろやりずらい。
コーチもさぞかしメニューを組みずらいだろうな、と思っております。

最近の得意技は『最後の人がついてちょっとしたらスタート』という感じ。

レッスンに出ているときはそれでもいいけど、そうじゃないときは大変です。

で、そうなるとどうするかというと、おとなりで泳いでいる選手クラスの子たちに出ているコーチの号令についついあわさせていただいたりしている次第で。

で、そうなると必然的に、なんだか一緒のメニューになったりすることがあったりするわけです。

知らないでそこに乗っかってしまうと、途中で『しまった!』と思っても撃沈することもあったりすることもあり、昨日がまさにそのメニュー。

知らないでこっそりお世話になってたら、どうも耐乳酸メニューだったようで、気がついた時にはあとの祭り。終わってみると大汗かいておりました。

でも、弱めている、とはいえ、やはり日々の冷房で新陳代謝が落ちている、冷え切った体には、1日1回くらいこういう状況があってもいいのかもしれないですね。

そんなこんなで昨日は

W-up 25m×6
K/P/S 25m×20
(4種目を25mずつK/P/Sの順に時間まで回す)
D/S 25m×Ba×4

というDrillを上級でたっぷりやったあとで

Swim 800m×1×IM
Kick 50m×10×Fr&Ba
Swim 50m×6×Fr×2'00"00(くらいだと思う・苦笑)
Down 100m×1

というのをやって(ラストの6本が耐乳酸)帰りました。

耐乳酸で火照った体に、夜風が気持ちのいい夏の晩なのでありました。
2011年07月11日 (月) | 編集 |
連日暑くてどうしようもなく、だけど出来るだけ電力消費量は押さえたい。

そんなわけで日曜日はプールの一般開放だったので、暑さに負けてプールに行ってきました。

2時間100円の会員価格はやはり大きい。

近所の市民プールもまだ公開前なので、ほとんど市民プール状態でしたけど、それでもちゃんと泳ぐコースを確保してもらっていたので、結局行ったら泳ぎました…な展開になってました。

W-up 100m×10×2'10"00 1-5:Fr 6-10:IM
Swim 50m×12×1'00"00(50m×IM×3set)
Swim 200m×1
(ピラミッド)
Swim 50m×4×Fr×1'00"00
Swim 100m×2×Fr×2'00"00
Swim 200m×1×Fr×4'00"00
Swim 100m×2×Fr×2'00"00
Swim 50m×4×Fr×1'00"00
Down 200m×1
Total:3000m

足りぬ足りぬは工夫が足りぬ、という戦中の標語みたいに、現状文句を言う前に自分たちで何とかしろ、ということで、メンバーが防水時計を持ってきてくれていたので、それをスタート台のところにくくりつけて、にわかペースクロックにしてました。
人間、やればなんとかなるものです。
そして、毎度このぬるくて濁ってる水で泳いでいると、ならぷーとか辰巳に行ったときにその水温の低さと水の綺麗さに感謝して感動して泳げる、というかなり無理矢理なメリットもあるわけです。
ついでにいえば、暑い中、水に入れるだけでもありがたい。

モノは考えようってことですな。

そんな日曜日の昼下がりなのでありました。
2011年07月11日 (月) | 編集 |
先週の土曜日の話で恐縮ですが、年に2回のお楽しみ、『arena SWIMMER'S SUMMIT』が開催されたので、ちょこっと行ってきました。

048_convert_20110711045331[1]

会場のホールが地下なので、会談を降りていくと、受付で
『いらっしゃいませー!』
と極上の爽やかスマイルで迎えてくれる見知った顔がひとつ…そして思わず顔をみてお互いに爆笑。
『何してるんですか?』
『会社員になったんで、仕事してまーす』
『いや、それは分かってますけど…』
『今日はご来場ありがとうございます』
…相変わらず爽やかだなあ、

末永雄太さん

今年の初めに現役を引退され、デサントに就職されて社会人1年生になった、元競泳日本代表の末永雄太さんが受付のお仕事をされてました。

会場内に入ると、諸事情でお世話になりまくったアリーナのみなさんの見知ったお顔もいくつかあって、ご挨拶させていただきました。
しばらくみていたら、その末永さんと入れ替わるようにデサントを退社された、柴田亜衣さんともお会いできました。
ちょうどそのころ、末永さんの商品説明ツアーが始まって、柴田さんと私と一緒にいたアリーナ女性スタッフと3人で熱心に商品説明をしている末永さんに遠くから
『巻いて~!』
と合図を送るなど(苦笑)
末永さんの熱心さは現役で泳いでおられるときと同じくらいでした。

こういう新商品の展示会においてひとつ楽しみなのが、次回の勝負水着をどうするか…というのを考えることなのですが、実は今回の展示会ではかなり自分的な収穫が多かったです。
Competitionのほうで今つかっているアクアフォースプリズマとアクアフォースブルーよりランクが上の新作水着が出てまして。
今回は表面全面がアクアフォースフィルム、なんだけどアクアフォースワンよりも着脱が楽なつくりになっています。
そして何よりお尻のところに入っていた、アクアブースターがなくなりました。
つまりプリズマやブルーで着ると目立っていたあのお尻のところのテープがなくなったのです。
だけどしっかりと股関節周りをしめつけるようには出来ている、と。
そして背中のところのオープンバックの部分が幅が広くなっていて、しっかりとそれで胸周りも固定されるイメージでしたね。
とりあえず一目惚れしまして…悩み抜いた末に、予約してきてしまいました。

アクセサリー類は、今回気になったのがゴーグルの新作のアクアフォーススイフト。
今まで私はゴーグルは目が痛くなるのでクッション付のものしか使えなかったのですが、どうやらこのスイフトでノンクッションにデビュー出来そうです。
クッションがないのにあたりが柔らかい。
それでいてレンズが大きくなったので視野が広くなる。
これはねーちょっとかなり大注目でした。

あとタフスーツも結構可愛いのがあったし。

まあ暑かった、というのもあって、打ち合わせたように会場で会った友達とお茶を飲みながら、そして末永さんと柴田さんのトークショーを聞きながら、のんびりと会場であれこれと商品をみてきましたが、ああいうところにいくと、物欲がふつふつとわきますね(笑)
水着やアクセサリーだけじゃなく、バックとかTシャツとかジャージとか、見るものあれこれが欲しくなる(苦笑)
一番欲しかったのがこれです。

059_convert_20110711051936[1]

今の水泳日本代表が着ているジャージ。
これの同じモデルのジャージがありまして。
これはねーデザインもかっこいいし、欲しいな…とおもいましたね。
洋服選ぶよりジャージ選ぶほうが真剣です(苦笑)

でお土産をいただいて

063_convert_20110711052253[1]

帰ってきました。

アリーナさんには本当に小学生のころからずーっとお世話になりっぱなしで、多分これからも一番お世話になるブランドになるんだろうな、と思いつつ、カレーを食べて帰ってきました。


で、帰ってきて、夜練に行ったら、プールのペースクロックがついに2台とも三途の川を渡ってしまいました。
しかしさあ、ペースクロックの壊れた原因が『機械は湿気に弱いですから』っていうのもどうなんでしょうね、mizunoさん!
湿気に弱いペースクロックって、ダメじゃん!
そしてクラブ関係者のみなさん!
夜は照明3つくらい消していいから、その代わりにさっさとペースクロック買ってください!
うちらよりも選手の子たちが可愛そう!

といいつつ泳いできました。

W-up 200m×1+400m×1
Pull 150m×3×Fr
P/S 300m×3
Swim 300m×3
Kick 400m×1
Down 200m×1
Total:3450m

人数すくなかったし、ペースクロックなかったから全部コーチの号令でのスタート。
自分がどのくらいのペースで泳いでるのかわからないって結構ドキドキものですね。
でも300m単位のほうが却って楽に泳げてるのかもしれないな…と思いました。

七夕のお願い。

ペースクロックがはやくあたらしくなりますように。

ちゃんちゃん。
2011年07月08日 (金) | 編集 |
先日のことですが。

サッカー日本代表、サムライブルーのシャルケ所属、内田篤人選手が、TVで

『ドイツ語もあんまり分からない。でもその分からない緊張感みたいなものが逆に気持ちいい』

という話をしておりまして、ああ、なんとなくわかるな…という気がしてしまいました。

監督やコーチからの指示は、サッカー用語なのでなんとなくわかるそうなのですが、日常会話とかが今イチなんだそうで。
でもなんでも準備万端、完璧にしてる…はずなんだけど、いざとなるとそう物事はうまく運ばなくて、逆に『こんなはずじゃなかった』とパニックになって委縮しちゃうよりも、分からない未知の部分があると分かっていてそこに飛び込んでいける、振れ幅、みたいなものがあったほうが、却って気楽になんでもできるし、得られるものが多いのかな、とか思うのはすごくわかります。
知らない場所に、知らない土地に、ぽつんとひとり、ってなんか妙な快感があるんですよね。
緊張感というか、その緊張感が快感というか。

振れ幅、という意味では、実は秋のウーマンズスイムフェスティバルで、2年ぶりくらいに(もうその記憶すら定かではない、という始末)50m種目にエントリーしました。

大の苦手なスプリント種目です。(だからといって長い距離が速いわけでもない)

いやあ…たまにはいいかな、と思いまして、というのがエントリー理由なんですけどね。

本当にね、苦手なんですよ、短い距離。

スピードないし、そもそもストローク数ふやせないし。

でもあえて久しぶりにエントリーしてみて自分を追い詰めてみる、と。

S4のBaにエントリーするのもそうなんだけど、そうやって自分を追い詰めないと練習しないのが半分と、さっきの内田選手の話じゃないけど、ちょっとした自分ってどこまで出来るんだ的なワクワクの緊張感の快感が半分。そんなところですかね。

どんな結果になりますやら。

そんな昨日は7月7日。
七夕SP的練習でした。

W-up 200m×1+100m×2×2'00"00+50m×6×1'10"00
Pull 100m×7×Fr×1'40"00
Drill 25m×2
S/D 50m×7×Ba×1'20"00
*奇数:右手/Swim 偶数:左手/Swim
Swim 50m×7×1'00"00×2set
*1set:IM 2set:Fr
Down 200m×1
Total:2700m

というわけで、ざっくり7をならべて七夕SPというコーチ企画でありました。
こういうイベントごとを練習に混ぜてくるのって大事ですよね。

25mのDrillはスカーリング。
相変わらずヘッドが苦手でフットのほうが楽。これをもうちょっと克服できたらBaが早くなるのかな…という期待を持ちつつやってますが、さて、効果のほどはいかに。
最近BaのPullってもうちょっと肩甲骨を使った方がいいのかな、と思って水中動作の時に肩甲骨まわりを意識するようにしています。

雨で天の川が増水し、かささぎの橋がかからなくて織姫と彦星が会えなくても七夕は七夕。

願いごとは、今年も無事に泳いでいられますように、ってことですかね。

ちなみに天の川を泳いで渡って会いにきてくれる彦星さま、随時募集中でございます(笑)
2011年07月06日 (水) | 編集 |
先週の話で申し訳ないんですけど、NHKのBSプレミア『アインシュタインの眼』という番組で、『楽に長く泳ぐクロール』というタイトルで番組を放送していました。
柴田亜衣さんが登場されていて、クロールを泳いでおられたのですが、世の中ってすごいですね。

ってかNHKの技術ってすごいっていうか。

水中と水上を同時に映して加工して、まるで水面を輪切りにしたみたいな映像を可能にしてるんです。

それによって当然水中と水上の動きを同時にみることが可能なわけで。

理論で言われて分かったつもりでいたようなことでも、ああやって画像で見せられるとどういう姿勢で泳いでどのタイミングで腕をかいているとか…ということも一目瞭然なわけで。

改めてフラットな姿勢を保つこととか、前に残した腕が落ちないようにすることとか、基本が勉強になりましたね。

たまにああやってじっくり人の泳ぎを水中から見てみるっていうのもいいな、と思いました。

なかなかいい泳ぎの水中動作がどうなっているのか、とかっていうのを観る機会っていうのもないですからね。

で、ひとつその中で驚いたのが、けのびの姿勢で浮くと背中が出て、踵まで水面に出る、それがすごい!ってな感じでやっていたんですけど、よーく考えてみて、昨日ふと泳ぎに行ってやってみたんですけど
『あれ…普通にそれって出来るよね』
それってそんなにすごいことなのか?
ってかみんな出ないの?
という現実に直面しました(笑)
で、コーチとかに聞いてみたら結構出来ない人がいるらしい。
そっか…浮いて当たり前だと思ってたけど、そうでもないんだね。歩くのとか走るのとかそれこそ息をするのと同じくらい、水に浮くのって当たり前だと思ってたけど…
そこにもまたびっくり。

ん~いろいろ勉強になりますな。

勉強と言えばDrill練習。

久しぶりにFlyのエントリー位置とかを改めて考えたりしながら泳いでみました。

何事もそうだけど、たまにはちゃんと立ち止まっていろいろと周囲と自分を見まわしてみることも大事ですね。

まあ見まわしすぎると分からなくなっちゃうんでしょうけど(苦笑)

そんなわけで

Swim 25m×6
Swim 100m×4×IM×2'30"00
Drill 25m×8×Fly

というのを50分ほどかけてやって、その後

400m×5

をPull Kick Swim×3

という感じで泳いできました。

暑かったので半分水浴びも兼ねて(笑)

土曜日の担当コーチが火曜日のマスターズクラスに移動してきたので、そのうちマスターズ組で上級クラスに泳ぎに来ているメンバーだけ別メニュー、とかいうことにもなりかねないな、でもそうなったらお願いだからとりあえずペースクロックだけでもなおしてくれないかな、と思っている今日このごろなのでありました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。