undefined 三毛猫のUltra Soul! 絶賛修正中
FC2ブログ
マスターズスイマーとして練習したり試合に出たり。そんな日々の水泳日記
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年09月25日 (水) | 編集 |
世の中は国体も終わり、競泳シーズンオフなんでしょうが、マスターズ水泳はそういうわけにはいかない。

これから秋シーズン到来。

ってかよく考えたらマスターズって年中シーズンじゃね?って感じですけど…まあそんなことは気にしてはいけない(笑)

ジャパンマスターズが終わって真夏のシーズンオフを堪能してきたわけですが、シーズンオフといえば泳ぎ込みかフォーム修正なわけですが、ワタクシもご多分に漏れず、絶賛FrとFlyのフォーム修正を行っているわけであります。

まあね、やってみてひとつ分かったことは『ローリングを最小限にするための大前提である、右手を前に出したら左足をキックする』という

超基礎的な動きが下手くそすぎる

もっといってしまえば、できてない。

これですよ。
知らない内に右手が前に出ると右足がキックしちゃってるの。

なんば走りじゃないってのねえ。

そりゃローリングするわな、疲れるわな。

よくそれで今まで泳げてきたもんだ。

まあ走る時はちゃんと右手と左足が出るんだから、やってやれないことはないんだろうけど、つくづくと泳ぐのと歩くのは違うんだな、と実感しているのでありました。

これをふまえた上で

キャッチをできるだけ早い段階で始めて、たくさん水を捉えましょう、というフォーム修正をやっているわけです、自由形の。

だったら、Flyでこれを応用できないか、となったわけですよ。

早い段階でキャッチして、今までより内側で両手を出来るだけ近づけて一気に後ろに押す。そしてフィニッシュでかききらないで、途中からぬく(Frのフィニッシュのときと同じで)

これをやったらどうでしょうか、と思って現在試行錯誤中であります。

スプリントではわからないけど、とりあえずPullで稼いでいる私としては、少ないストローク数で一気に距離を稼げることは、ディスタンスの際は省エネ泳法でいいのかもしれない、ただし、その分うねりを大きくとってしまうとそれはそれで抵抗になるから、そのさじ加減も難しいわけですが。

まあとりあえず、よさそうなことはフォーム修正にしてもトレーニング方法にしても、まずはやってみて、それから考えてダメなら戻せばいいや、って思考なので、結構いろいろ試してみております。

でもとりあえず、Frはちょっとはサマになってきたかな、とは思ってます。(一応自己満足レベルで・笑)それが大会に生かせるかどうかはまた別問題ですが、でもちょっとこういう修正とかやってみると、大会が楽しみになるんですよね。
特にミドルからディスタンスあたりでは、いろいろ試せるので(試合で試すなって話・笑)

来月からまたあちこちの大会に参加するので、そのときに自分がどんな泳ぎをするのか、今から自分で楽しみにしてます。

まあね、結果『大して変わってない』が結論だったりするのかもしれないけど、それはそれでまあいいや、と思ってます。
だって結果それが自分にとって一番あってる泳ぎってことでしょ?

そこにたどり着くこともまた、練習のひとつなんだと思ってます。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。