undefined 三毛猫のUltra Soul! 『お前んなかのジャイアント・キリングを起こせ』
FC2ブログ
マスターズスイマーとして練習したり試合に出たり。そんな日々の水泳日記
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年08月29日 (土) | 編集 |
サッカー天皇杯の今年のポスターがリリースされました。

tatsumi.png

サッカー漫画『GIANT KLLING』の主人公である、達海猛監督が描かれている、というだけでこのポスターが欲しいとか思っちゃうわけですが、私が何よりこのポスターが好きなのは、ここに書かれている言葉が好きだからです。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ

ジャイアント・キリング。
いわゆる『大物喰い』というやつですが、サッカーでは下位チームが上位チームに勝つことをいいます。
でも試合で上位チームや強いチームに勝つことよりもまず、それを乗り越えられる自分に勝たなくちゃいけない。
自分に勝てない奴は、誰にも勝てない。
自分に勝つには自分を鍛えるしかない。
努力するしかない。
それが報われなくて誰かに勝てないことよりも、まずはできなかったことができるようになる、自分を乗り越えらられることには絶対に意味がある。
自分の中で常に自分へのジャイアント・キリングを起こす。
それってサッカーや水泳に限らず、なんにでも共通する大事なことだと思うのです。
私はこの一言とタッツミーがチームに起こす『自己改革』のために言葉が大好きで、この漫画を買っています。
いっつもタッツミーの言葉には背中を押されている感じです、人としても、ひとりのアスリートとしても。
このポスター買って、部屋に貼って毎日眺めてジャイアント・キリングを起こせる自分でありたいと思っています。

…という前置きがながくなりましたが、木曜日はこんなかんじでした。

W-up 500*1 100scuil-200IMO-200RIMO
KickSwim 75*2 1'30"00 3set 25Kick Fast-50Swim Form IM
Pull 200*4 4'00"00 150Fr smooth+50 IMO Fast
Loosen 50
Swim 50*16 50"00 cycle in Fr
Co-Dowm 200
Total 2800m

なんたってメインは50*16 50"00でしょう。
休み明けにこれは完全オーバーワーク。だって途中で酸欠になるし。実は特にFrの時にちゃんと呼吸を吐けていないわけで、それをジャパンマスターズの前に指摘され本番はなんとかうまくいったのですが、2ヶ月で元に戻ったらしい(笑)また1ヶ月でもとにもどさなくちゃ。
これができないと酸欠になって、身体がしびれてきてうまく泳げないのですよ、何回も経験してきたのでそのしんどさはよくわかってるつもりで、これが泳ぐことへの恐怖感にもつながってしまうので、しっかり直していきたいと思います。
んで、これを踏まえて金曜日は自主練してきました。

W-up 800*1 200Swim-200Kick-200Pull-200IMO
Swim 100*15 2'00"00 100Fly/100Ba/100Br/100Fr/100IM 3set
Swim 50*10 50"00 Fr
Co-Down 200
Totaol:3000m

持久系練習に戻してじっくり身体を動かして、それこそ呼吸のタイミングとかを見ながら汗をかいて、そこから少しスピードを上げてスピード持久力モドキ(笑)をやってきました。
とにかく慌てないで、身体を痛めすぎないで、身体をつくっていきたいと思います。
ここから先は長距離大会が続きますから、とにかく持久力と何よりケガをしないことが大切です。自分の心身をじっくり向き合って泳いでいければいいと思っています。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。